ティーチャーとインストラクターの違い。

私が通っているスタジオ、OM Yogaを設立したディレクターのシンディ・リー(Cyndi Lee)。 
シンディはDVDCDも出していて、アメリカではかなり著名な先生です。 アリカ国内はもとより、海外でもワークショップをよくやってます。

彼女が確立したスタイルは、ヴィンヤサ(呼吸と動きの一連性を指し、流れのあるヨガのスタイル)でもアラインメント(正しいカラダの位置)を大切にし、バランスの良い、クリエイティヴなシークエンスで、週4~5回クラスを取っていても、飽きることがありません。 

その彼女があるインタビューで、「OMでは『インストラクター』という言葉は使いません。『ティーチャー』と呼んでます。」 と言っていました。

そっかー。インストラクターぢゃないのね。 確かに・・・。 インストラクターって、ただ単に「あーしろこーしろ」と指示(instruct)する人って感じですもんね。

実は私、「先生」と呼ばれることに、ちょっと(かなり)抵抗があります。

なのでよく、クラスに来てくださる人達には「雅子だけでオッケーです~」とか、「先生はいらないです~」とか言ってます。

アメリカでヨガをしていると、先生の名前は呼び捨です(笑)。 「大先生」にあたるシンディだって。 日本だと、とんでもない!って感じですよね(笑)。

この自由で分け隔てのなさが、私は好きです。勿論、日本の伝統的な師弟関係にも憧れたりしますが、私が教えるヨガって、インドの伝統的なものではないし、自分の性格からしても、「先生として敬われる」より、「一緒にヨガする楽しい仲間」って感じが、どうもしっくりきます(笑)

でも、自分の肩書きには、『インストラクター』ではなくて『ティーチャー』を使わせてもらおうと思いました(ちなみに私のビジネス・カードにはシンプルに「yoga」としか書かれてません。)

最近スケジュールの都合でシンディのクラスを受けることが滅多にないのですが、こういうところでも勉強させられます。

去年は殆どOMで教えてなかったシンディですが、今年はNYにいることが多いようです。 是非この機会に、皆さんも彼女のクラス、受けてみてくださいね。 
b0052192_155183.jpg

シンディと彼女の愛犬、リロイくん。 
[PR]
by takusukila | 2008-05-18 15:08 | ヨガ

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る