風邪を引いたら…。

ヨガは思いきって休んでくださいね。 

ヨガにはまると、少々体調が悪くても無理を押してでもヨガの練習に出たりするものなのです(経験者は語る。笑)。

ヨガのとっても基本的な教えの一つにアヒムサ(ahimsa-日本語ではアヒンサと表現される事が多いようです)というのがあります。 このサンスクリット語の意味は「非暴力。」

他人に対しては勿論、自分に対しても暴力を働かない、という教えで、それは肉体的な事だけではなく、精神的なことも含みます。 「自分ってブスだわ」と思うだけで、それは自分に対する暴力となる、という考え方。

で、風邪を引いてたり、体調が悪いときにヨガをするというのは、やはり自分に対する優しさが足りないかなぁと思うのです。 自分の体の言う事をよく聞いてあげる、というのは、ヨガのクラスの中だけでなくて、こういった病気になったとき、体が出している信号をキャッチして、いたわってあげるという事でもあると思うのです。

風邪の引きはなに、「大丈夫よね」なんて思ってヨガをすると、風邪が悪化する事がよくあります。 これはヨガで血行が良くなると同時に、風邪菌も体中にばらまかれてしまうから。 

幸い、今年の冬は、未だ風邪を引いてない私ですが(と言ったとたん、引いたりするのよね。 笑)、私の風邪治療法は・・・。

1. 寝る(笑)。
2. 塩水(というか塩お湯)で、2~3時間置きにうがいする(喉が痛い場合)。
3. ビタミンCをがぶ飲み(500mgまたは1000mgを1~2時間置きに)。
4. Airborneという、水に溶かすと炭酸になる、体の抗体性を強くするビタミン・ミネラル剤(?)。 これは最近よく飲んでるのですが、風邪の引きはな、また多くの人が集まるところ(ばい菌がウヨウヨ)、飛行機に乗る時(空調が悪く、人が多い)などに飲むと効果的と言われてます。 小学校の先生が考案されたとかで、アメリカではここ数年で大ブレイクした感じで、近所のドラッグ・ストアなどでお求めになれます(笑)。 個人的にはピンク・グレープフルーツ味が好きです♪
5. 上記で治らない場合、または一気に具合が悪くなった場合は、私はTylenol社の風邪薬に頼ります。 多分強い薬なのでしょうね~。 一発で全快します(笑)。
b0052192_3152654.jpg

ちなみに風邪予防法ですが、手を顔にもっていかない!というのを気をつけてます。 特に目、鼻、口に手を絶対にあてないようにします。 空気から感染する事もありますが、手についたばい菌が体内に入って風邪を引く事も多いと思います。 なので、手をよく洗う事も心がけてます。 NYでは、外出時に必ず手を洗える場所があるとは限らないので、出かけるときは必ず、Wet Onesという、消毒性のあるウェット・ティシューを持ち歩いてます。 これだと、レストランでもわざわざお手洗いに行って手を洗う事をしなくても、簡単に手を綺麗にふく事ができます。
b0052192_3505365.jpg

って、こう書くとなんだかすっごい潔癖症に聞こえるかもですが・・・(デイ@相方は完璧に私が潔癖症だと信じてます。 でもねー。 私が潔癖症だったら、君とは暮らせてないよ、デイ)。おかげさまで風邪を引く事って滅多にないんですよ~、私。

ところで今日、ニューヨークは今シーズン初の雪嵐だそうです。 そんなに激しく降っているというわけではないですが、アパートからの視界・・・皆無(笑) かなり真っ白けな状態ですが、それでも部屋の中は明るく暖かいです。これから私もデイも外に出なくてはならいのですが・・・(笑)。 
b0052192_319852.jpg

というわけで、皆さん、風邪など引かないようにご自愛くださいませ~。 
[PR]
by takusukila | 2007-02-15 03:19 | ヨガ

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧