スタバのドリンク。

NYの街中どこにでもあるので、時々利用するStarbucks。
だいたいオーダーするもの、いつも決まってます。

冬はソイ・ラテ、夏はアイスコーヒー。 
でも今日は久々にグリーンティー・ラテを。

b0052192_6571296.jpg


私流グリーンティー・ラテのオーダーの仕方です: 

"Can I get a Grande green tea soy late, no syrup with extra matcha powder. Make it extra hot?"

アメリカの抹茶ラテにはなぜかメロン・シロップがもれなく入ってきます。シロップなしでも、抹茶パウダーにすでに砂糖が入ってるので充分甘いです。 extra matcha powderを入れる事で抹茶味が濃くなります。 最後の Make it extra hot? は文章の前にCould (またはWould, Can, Will) youを入れるともっと丁寧になりますよね。 Make it~ だと言い方によっては命令口調になってしまうので、私は笑顔で(笑)hotの語尾を上げてお願い口調にします。 食べるのは早いのに、飲み物はちんたら飲む私は、熱々にしてもらう事でよりゆっくり、ラテが楽しめます。


アイスコーヒーは、英語ではiced coffeeとなります。 私の場合、スタバでは、iced Amercanoをオーダーします(お値段一緒)。 アメリカーノはエスプレッソのお湯割り(アイスの場合は水割り)なので、オーダーしてから淹れてもらえます。

"May I have a Venti decaf iced Americano, light on ice & room for soy."

アイスコーヒーは午後に飲む事が多いのでカフェイン抜き(decafはdecafenated の略でカフェインフリーの意味)。 氷がたくさん入ると飲むのが遅い私は薄くなるので氷は少なめに。 あとどんなに暑くてもあまり冷たい物を飲むのは好きではないので、light on ice とかverry little iceと注文。room for soyは、豆乳を入れる分、少なめにコーヒーをカップに入れてね、の意味。soyは大豆でsoy milkが豆乳の正式名称ですが、ソイだけで通じます。 お店によって、豆乳のポットをあらかじめ置いてないところもあるので、こういう言い方をすると、カウンターの中から、豆乳を出してもらえます。

基本的に、レストランなどでも、オーダーするときはMay (Can, Couldなども) I have 〇〇 という事が多いですね。 I wanna have 〇〇、という言い方も時々聞きますが、私的には使わないかな。 wannaとかgotta とかって、親しい友達間では使う事ありますが、普通はI'd like to have 〇〇という風に言います。 

なんとなく、これはあくまでも何となくなのですが、wannaとかgonnaとかgottaとかって、少し慣れ慣れしすぎて、若い感じ?になる気がします。 下品とまではいかないのですが、上品でないことは確か(笑)。 

おまけ: 

iPod Touchのスタバのアプリと、スタバ・カード。
b0052192_724737.jpg



b0052192_75616.jpg


さりげなく、愛のメッセージ入れてたりします(笑)

スターバックスのカードは作っておくととっても便利。 豆乳とかシロップなどのエクストラ・チャージがかからず、コーヒーのおかわりはタダ。 お誕生日にはドリンクのプレゼントも♪ 
[PR]
by takusukila | 2010-07-11 07:07 | 美味しいもの

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧