<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イマージョン。

今週はいつもクラスをとっているOM Yogaで、イマージョンというワークショップに参加してます。 「浸す」とか「没頭・熱中」という意味のImmersion。 ヨガ&瞑想に浸る1週間って感じかしら? 月曜日~金曜日の朝7時~9時の2時間。 最初7時始まりと聞いたときは、絶対できな~い!と思ったのですが・・・。 大好きなSarahが教えるという事もあり、頑張って申し込みました(笑)。 

朝の7時からなんて、ヨガのクラスを取る人いるのかしら~と思いながら行ってみると・・・なんと、参加者は40人ほど! 4つあるスタジオの1番大きな部屋を使ってるのですが、マットとマットの間、10~15センチぐらいかな(笑)。 満員御礼でした。 

今日は初日で、朝5時40分に起きて6時15分には家を出たのですが、 途中でヨガパンツをバッグに入れ忘れた事が発覚! 一瞬スタジオで新しいパンツを買おうかと思ったんですが、すでBe Presentのパンツ9本も持ってる私・・・(笑)。 お家に取りに帰りました。 地下鉄で行っても未だ間に合うかなぁと思ったのですが、ギリギリであわててスタジオするのも嫌だし、まして初日に遅れるのもいやだなぁと思ったのでタクシーで。 

まだ暗いうちに家を出て、スタジオ入り。 そしてクラスが進んでいくうちに部屋も朝日で明るくなって、とっても気持ちよかったです。 セーラのお話(彼女、とってもお話上手です。日常生活とヨガや仏教の哲学を上手に面白おかしく話してくれます)、瞑想(5分ぐらいかな。 日が経つに連れて長くなるらしいです)、そしてアサナ(ヨガのポーズ)。 2時間アッと言う間でした。 

朝早くちゃんと起きられるかどうか(というより、そんなに早くに起きるの嫌だ~~!と思ってた)心配していたのがウソみたいです。 やっぱり早朝ヨガは気持ちいいですね~~。 明日のクラスが今から楽しみです♪

ところで、今日はデイの誕生日なのですが…。 何をあげていいか思いつかず、プレゼント買ってないです(泣)。 新しいコンピュータがいるみたいなので、全額は無理だけど、1/3ぐらい出してあげようかな(笑)。 これからディナーに行ってきま~す。
[PR]
by takusukila | 2006-11-28 07:20 | ヨガ | Comments(26)

もったいない。

先日の価値観の話とちょっと似てるのですが・・・。

私が普段デイに注意する事:

1. 水をだしっぱなしにしない: 何故かトイレに入るとすぐに蛇口をひねって水を出しっぱなしにしたまま、用を足します。 聞いてみると、音を外に聞こえないようにするためとか。 こ、これって、日本人女性がやることぢゃない??? アメリカでは公衆便所でも、誰も水を流して音を掻き消したりしませんからっ! (勿論、私は家でも外でもしませんよ。笑) あとは、シャワーの蛇口をひねったまま、トイレに座って本を読む・・・(ええ、ナンバー・ツーが出るまで。 ちなみにナンバー・ツーとはう○こさんの事を指します)。

2. おかわりは、食べれる分だけ: ごはんにしても、ジュースにしても、残してしまうほどお代わりします。 自分の食べれる分だけ、飲みきれる分だけおかわりしようよ、と言うと、「雅子はケチだ。」といわれます(笑)。

3. ペーパータオルの過剰使用: 私が一人暮らしの時って、ペーパータオルって、全然減らなかったんです。一枚一枚大切に使ってるから~(笑)。 これってアメリカ人と日本人の生活習慣の違いでもあるみたいです。 日本ではペーパータオル、そんなにバンバン使わないですもんね? しかしデイはちょっとこぼした物をふき取るのに、ガーっと2,3枚ペーパータオルを巻き取って、ふき終わったらそのまま捨てます・・・。 私、そんなに汚れてなかったら、洗って再度使用します(笑)。 私が「無駄遣いしないようにって親に教わらなかったの?」と聞くと、「ペーパータオルをちゃんと使ってこぼしたものを拭く事で、褒められる事はあっても、叱られた事はないよ。」って・・・。 た、たしかに。 私も拭く行為に関しては褒めてあげます(でも、吹き方、やり直させたりしますが。爆)。

4. 電気つけっぱなし: エアコンでもテレビでも部屋の電気でも、つけっぱなし! 使ってない部屋のも、です、勿論。 

「もったいない」という英語、まぁしいて言うならば、"What a waste!" なのですが、やっぱりちょっと、違いますよね? だからなのかな~。 「もったいない」、というコンセプトがデイには欠けてると思うのです。 上記の事は、あるときは優しく5歳児を諭すように、あるときは厳しく叱ってるのですが、なかなか36年かけて身につけた習慣は直りませんね(笑)。 

生活していく中で、こういう事を気にかけるというのは、「モノ」に対する感謝の表れ、強いては、「地球」で生きる上での共存意識の表れだと思うのですよ。 彼に言わせると、電気代もペーパータオルも、安いんだからそんなにギャーギャー言わなくても、となるわけです(決して電気代は安くないですよっ! 夏の間は月に300ドルぐらい《約3万5千円》しちゃいますもん)。  

一つ一つは小さなことかもしれないけれど、これって究極、かなり自己中心・身勝手さが出てると思うのです。 「自分さえ良ければ・・・」という考え方。 

ううう。 決してケチで言ってるのではないのだよ、デイちゃん(ま、ちょっとはそれもあるかもだけど。笑)。 夕べ遅くお代わりした玄米+ごま塩が、たくさんどんぶりに余ってるのを今朝みつけて、ブログ記事に書かなくては!という使命(何故?)に燃えたため、書かせて頂きました。

皆さん、資源は大切にしましょう~。
[PR]
by takusukila | 2006-11-25 20:37 | 思う事 | Comments(46)

新クラス♪

来週の木曜日、11/30からヴィンヤサ・オープン・クラスをCRSというヒーリング・センターで担当させていただく事になりました♪ ユニオン・スクエア近くにあるスタジオで、時間は3時半からで料金は18ドル(CRSのメンバーさんは16ドル)です。 お近くにいらした際は是非お立ち寄りくださいませ。 

また、好評開催中の火曜日のオープン・レベル・ヨガですが、12月1日から毎週金曜日もクラスを追加させて頂こうと思ってます。 時間は12時~1時半までで、場所はThe Three Jewelsにて。  こちらの料金は5回券購入で1度のクラスが18ドルとなり、ドロップ・イン(1回のみ)で23ドルとなります。  5回券を購入頂くと、火曜日のシリーズ購入の方が金曜日のクラスを取る事も可能ですし、またその逆もOKです。 また、5週間内で両日とも参加出来ない方がいらっしゃいましたら、木曜日のCRSのクラスか、または日曜日に行われるワークショップへの振り替えも可能です。

お問い合わせ、ご予約はYogaByMasako(A)gmail.comまで、(A)を@に変えてご連絡くださいませ。

ではでは、皆さんふるってのご応募・・・ぢゃなかった、ご参加をお待ちしております~♪ 
[PR]
by takusukila | 2006-11-22 12:49 | お知らせ

価値観の違い・・・。

その2です(笑。その1はこちら)。

前からTivoを欲しがっていたデイ@彼氏。 誕生日ももうすぐだから、ずっと駄目って言ってたんだけど、こっそり買って驚かしてあげようと思ったら…。 チョイスがいくつかあって、どれ選んで良いかさっぱり分からない私。

で、結局、また「Tivo欲しい~~~」とのた打ちまわるデイに「実は誕生日プレゼントに買ってあげようと思ってたんだけど、どの機種が良いのか分からなくて」と言ったとたん、嬉々としてオンラインで下調べ(笑)。 

マンハッタンにある電化製品店に何軒か電話したあと、「さ!買いに行こう!」と。 

Tivo.comで買うと、ほしい機種は70ドル(約8200円)。 電化製品店で買うと、同じ機種が250ドル(約3万円)! 後者で買う場合、Mail-in Rebateと言って、レシートや商品のバーコード、それからサービス契約書などを送り小切手で180ドルが返金される仕組み。 ただ、それらを郵送するのに、サービス契約をしてから1ヶ月ほど待たなければなりません。 そして小切手が送られるのはさらに数ヶ月先。 そして勿論、店頭で買うと250ドルのTivoにはNYの消費税8.375%が加算されます。 ええ、さらには以前の記事でもお話したとおり、お店にはタクシーで行く気満々のデイ。

オンラインでオーダーすると受け取るのに時間がかかるから、というのが彼の言い分。 タクシー代や税金、そして数ヶ月もRebate小切手を待たなければならない事を考えると、翌日配達とか2日配達とかにして特別料金を払っても、おつりが来るじゃん!というのが私の考え(ちなみにオンラインでオーダーすると税金はかからず、4~5日かかるけど送料無料なのです)。 

駄目です。 欲しいと思ったものは今すぐ欲しい。 OKが出たんだから、もう月曜日まで待てない! 今すぐ買いに行く!(って、いくつだよ、一体・・・。 ちなみに現在土曜日の夜)。 

・・・。

お店についてからも、ブツブツと文句を言っていた私。 実はお店に着くまで、店頭で売られてる値段、知らなかったんです。 「誕生日プレゼントだよね?」という彼に「オンラインで70ドルで買うんだったら、誕生日プレゼントだったけど、250ドルなんて出せないから、私。」(鬼?)という事で、自腹を切っておりました(笑)。 

帰ってきてからずっとTivoのセットアップに没頭している子が約1名(現在も接続中)。 私と拓はそれを横目に、せっせと出前してもらったお寿司を食べてました(拓、マグロが好きなんで、お寿司に入ってくるマグロは全部拓のもの)。 

こういう価値観の違いって、長く一緒にいても変わらないような気がするなぁ・・・。 どうでしょう、ベテラン奥様&彼女様方。 お宅も同じような悩み、お持ちかしら?(笑)
[PR]
by takusukila | 2006-11-19 12:09 | 思う事 | Comments(38)

個人通信です~。

「日本語deヨガ」に関するお問い合わせメールをいただいた、「hiroko」さん。 返信させて頂いたのですが、メールが"User Unknown"として、返ってきてしまいます。 お手数ですが、他のメールアドレスがありましたら、お知らせくださいませ~。 ちなみにご質問のお答えは、両方とも「はい!できます!」です(笑)。 
[PR]
by takusukila | 2006-11-19 03:47 | お知らせ

最近はまってるもの。

良く利用させて頂いている、ヴィレッジにあるマクロビ・レストラン、Souenでは、日替わりで焼かれているスコーンとマフィンをそれぞれ1種づつ、クッキーが2種類売られてます。 そしてたまに見かける「栗の蒸しケーキ」やら「アズキ・ローフ(パウンド・ケーキっぽいの)」など、乳製品や精製した砂糖や小麦粉を使ってないとは思えないほど、美味しくて懐かしい味の焼き菓子♪ 小麦粉の代わりにスペルトという古代麦の粉が使われているそうです。 

で、こちら。 
b0052192_23174935.jpg

b0052192_23192657.jpg

ブラック・ミッション・フィグ(イチヂクの一種)とアーモンド・マフィン♪ そして美味しい焼き菓子のお供は、穀物コーヒー。 これがね~、またクセになる美味しさなんですよ~。 「コーヒー飲みたいけど、体に悪いから我慢しなくちゃ・・・」と思って飲んでるわけではなく、本当にこの穀物コーヒーが美味しく感じられ、こっちが飲みたいから飲んでるって感じです~。 私は豆乳を入れて頂きます。 ちなみにPERO社の穀物コーヒーは大麦麦芽、大麦、チコリー、ライ麦が原料です。 マスター・クレンズ/マクロビを始める前はコーヒー、特大サイズ(ええ、アメリカの特大サイズです。笑)1日に2~3杯はガブのみしていたのに、今では飲みたいとも思わないから不思議です。
b0052192_23201615.jpg

[PR]
by takusukila | 2006-11-17 23:23 | 美味しいもの | Comments(24)

痩せたね~!?

以前から私を知る人に、ちょっと前からよく言われるようになった言葉です。 

生まれたとき、4000グラムはあったらしい私。 そしてず~っと「ぽっちゃり」としていたのですが、中学卒業後、高校入試が終わった安心感からか、1ヶ月で10キロ近く太り、そして高校1年を終わったあと、アメリカに来てからさらに体重は増加の一途をたどり、一番太っていたときには80キロぐらいありました。 

20歳ぐらいのときに体重がストーンと落ちて、それからはちょっと太ったり痩せたりしてますが、日本の基準からすると決して痩せてはいないです(笑)。 

ヨガの影響も勿論ありますが、玄米菜食中心の食事になってから、意識する事なく体重が減り、5~6年前に買ったジーンズがまたはけるようになり、それは素直に嬉しいです(笑)。

体重に気持ちを左右されるのが嫌なので(太っていたときに、ダイエットをする度に朝晩体重を量って一喜一憂していたので)、もうここ15年以上体重は量ってないです。 多少ウエスト・ラインが大きくなって、ジーンズはけなくなったら、1つ大きなサイズ買えば良いだけだし~、という開き直りよう(笑)。 

「彼が痩せろっていうのよね。」なんて言葉を時々女性から聞きますが、世の中の男性諸君! それを言っては駄目です!(笑) 太ったことを一番気にしているのは、太ってしまった当の本人なのですから。 追い討ち、かけないであげてね。 デイ@相方は、そういう事は間違っても口に出さない人ですが(そんな事を言おうものなら、命の危険を覚悟しなくてはならないのを本能的に知っているのかも。笑)、実は今は亡き母が、「そんなに食べて大丈夫?太るよ?」とかって言う人でした。 そういう本人は最後の最後まで太る事を気にしていて、ちょっとでも体重が増えると、ご飯(白米)の量を減らしたりしていたようです。 私は、美味しいものを美味しく食べて幸せなら、別に太ったって良いじゃん、誰に迷惑かかるわけでもないしー、と反論し、それから母は私に対してそういう事を言わなくなりました(って、去年の話ですが)。 母の「太っている=みっともない=恥ずかしい」といった方程式が、少なからず私の幼少を形成していったのは、否めないです。 母なりに私を心配してくれてたのですが、こういう悪い方程式は、どこかで抹消していかなくちゃ、ですからね(笑)。 

体重で悩む人は多いと思いますが、人それぞれ、体質も体型も違うのだし、他の人やメディアが作り上げた「理想」にこだわる事なく、一人一人皆素晴らしい体を持っているんだから(体のつくりって、本当に神秘的かつ科学的で、どんな緻密な機械よりもすごいのですから!)、「今」の自分をかわいがってあげて欲しいなぁと思います。 私が20歳の時に痩せたきっかけも、それまでずっと私は痩せたら可愛くなるとか幸せになると思っていたけど、その太ったままの自分で完璧な存在なんだと気付いたときに、自然と暴飲暴食がなくなり、痩せていきました。 

最近、ヨガって痩せますか?って質問を何度か受けたので、ちょっと「痩せる」という事について考えてみました~(笑)。
[PR]
by takusukila | 2006-11-16 12:43 | 思う事 | Comments(28)

火曜日のオープン・クラス

最近、色々と変動がある「日本語deヨガ」ですが、来週の火曜日11月14日からシリーズ化させて頂く事になりました。 

シリーズ化と言っても、これまでどおり1度だけのドロップ・イン参加も可能です。 が! シリーズ5回券(とは言え、チケットはヴァーチャルです。笑)を購入頂くと、1回の料金が18ドルとなり、かなりお得です♪ (ドロップ・インの場合は1回23ドルとなります) 回数券をご購入後、クラスをお休みしなくてはならない場合などは、後日、メーク・アップ・レッスンとして、私の自宅で拓とふたり(?)で猛特訓させて頂きます(笑)。 それか、次のシリーズに持ち越し、となります。  

クラスの内容は今までどおりオープン・レベルですが、毎回テーマを決めさせて頂きます。 ヒップ・オープニング(股関節の柔軟性をはかるもの)、リストラティヴ(リラックス&回復ヨガ)だったり。 テーマはあっても、流れは今までと変わりなく、ヴィンヤサと呼ばれる、呼吸と動きを連動させ、運動量も適度にあり、体も無理なくストレッチさせるスタイルのヨガです。 初心者の方もそうでない方も、体の硬い方も柔らかい方も、それぞれ楽しんで頂ける内容です。

場所も新しく、ユニオン・スクエアからも近く、日系食料品店やレストランもたくさん集まるイースト・ヴィレッジにある、The Three Jewelsというスタジオでの開催となり、毎週火曜日12時30分開始となります。 

ではでは、皆さんのご参加をお待ちしております~。
[PR]
by takusukila | 2006-11-11 07:52 | お知らせ

「病気にならない生き方」

先々週だったか、日本語deヨガのクラスのあと、皆さんとランチをご一緒させていただきました。 その時に話題に上ったのが「病気にならない生き方」という本。 のほほんニューヨーク暮らしのyukiconさんが最近読んで、とても面白かったとのこと。

美味しいSouenでのランチのあと、家に帰った私を待っていたものは…。
b0052192_328331.jpg

いやぁ、シンクロしちゃいました(笑)。 この本、実は外国人的@韓国暮らしのフォトダイアリーのミネママさんが、ワザワザ日本から送ってくださったものだったんです。 ミネママさん、本当にありがとう~!!!

著者はニューヨーク在住の新谷弘実さんと言う、胃腸外科教授。 日本では100万部売れたそうです。 

内容はマクロビとの共通点が多々あり、以前から漠然と知識を持っていた事が殆どだったのですが、やはり、理路整然とどうしてこういう食事(粗食=玄米菜食中心の食生活)が健康に良いのか、どうして肉や乳製品などが体に良くないのか、がお医者さんの目から、体験談(ご自分の、そして患者さんの)を交えて書かれているのは、とても新鮮でした。 

そして、普段健康的な食生活を送っていれば、たまに肉や乳製品をとっても大丈夫、と言った言葉にも大きく頷けました(笑)。 
[PR]
by takusukila | 2006-11-10 03:47 | | Comments(23)

ありましたっ!

パンツ、見つかりました~。 スタジオの担当者から電話がありました~。 良かった。 ちょっとバタバタしてて、明日(金曜日)まで取りに行けないけど、それまでちゃんと保管してくれるみたいです。 良かったぁ~。

皆さんお祈りありがとー(笑)。
[PR]
by takusukila | 2006-11-10 01:49 | ヨガ | Comments(10)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧