<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日本語deヨガ

とってもベタなタイトルですが(笑)、日本語でヨガのビギナーズ・ワークショップを計画しております。 

詳細は以下の通りです。

場所: インターフェイス・ヨガ (25 First Avenue, 3rd Floor. 1st & 2nd Streetsの間)
日時: 6月18日(日曜日) 午後2時から3時50分まで
料金: $20

クラスの内容はアラインメントを重視したヴィンヤサ・ヨガ、ハタ・ヨガ、そしてリストラティヴ(回復・リラックス)ヨガを織り交ぜた、年齢・性別関係なく、体の硬い方も柔らかい方も皆さん楽しんで頂ける構成です。 

尚、マットや小道具は持参不要ですが、タオル・水などは各自持参となります。

参加ご希望の方は、YogaByMasako*gmail.com (*を@に変えて)までご連絡ください♪
[PR]
by takusukila | 2006-05-31 06:58 | お知らせ

ギリシャのヨーグルト

『美味しいもの』っていうカテゴリーがあるにも関わらず、全然美味しいものが登場しないこのブログ・・・。 ごめんなさい。 私のブロガー・フォトグラファーとしての意識が足りなさ過ぎです(笑)。 

でも、美味しいものがたくさん載ってるブログは大好きで、その中でも写真もめっちゃ素敵で、いつも美味しいものを食べてらっしゃる(笑)aiaiさんが書かれてる『じぶん日記』は、愛読させてもらってます。 だってね~。 よだれが出るような美味しそうなものばかり! そしてとても正直かつ読みやすい文章。 あと、時々登場する彼女のビーズ・ジュエリーは溜息ものです。

彼女のブログはいつもニューヨーク在住の私が食べれないものばかりで、 そんなブログを訪れるのは、自虐的行為でもあるような気が無きにしもあらず・・・。 が! ある日彼女のブログに載っていたものというのが、こちら
b0052192_7523795.jpg
b0052192_7525558.jpg

FAGE(ファイェと発音するようです)というギリシャからやってきたヨーグルト。 実はもうずーいぶん前に、NYで話題になってたんですが、全然流行りについてってない人間がここに一人。 でもaiaiさんのブログに載ったからには、試食しないわけにはいきません(笑)。 確かに美味しいです。 今まで食べたどのヨーグルトより、数倍まったり、濃厚な舌触り。 オーガニックのヨーグルトでも1ドルしないニューヨークで、このヨーグルト、その倍以上します(うちの近所で$2.29、約260円。 内容量200g)。 私が買ったのは無糖だったので、先日TJ'sで買ったオーガニック・ラズベリーのジャムを混ぜて食べたら、うまうま!(笑)でした。 他にはストロベリーやチェリー、はちみつのソースがセットになっているものもあります。
[PR]
by takusukila | 2006-05-29 08:03 | 美味しいもの | Comments(24)

スプタ・ヴィラアサナ

最近、大好きなポーズです。 かなり長い時間ホールドします(と言っても5分~10分ぐらいかな)。 私、下半身がすっごくしっかりしてるんですが、このポーズを定期的にやり初めて、すこし脚がすっきりしたような…(気のせいかな?)。 特に膝の周りのお肉が落ちた気がします(私、特大膝の持ち主なの~)。
b0052192_7384517.jpg

まず、正座をします。 膝はくっつけたままで、足を開きます。 このとき、足の裏がお尻の外で左右平行になるように努力します(ならなくても問題なし。 出来るところまででOKです)。 その間にお尻をぺたんと床にくっつけます。 が! 女性はこれ、かなり簡単に出来る人多いのですが、男性にはとくに難しいポーズのようです。 長時間この姿勢で座っていられないので、私も決して得意のポーズというわけではありません。このポーズを取ると、自然と膝が開いてくるので、意識して閉じるようにするか、長時間ホールドしたい場合、ヨガ用ベルトを使用します。 ベルトで大きな輪を作り、太ももと膝の中間ぐらいを、ふくらはぎも一緒に輪っかに通してからベルトのきつさを調節します。 

自宅ではボルスター(筒状になった硬い枕のようなもの)がないので(買いたいな~)、ブランケットを重ねてその上に上半身を倒します。 ブランケットは横25センチぐらいに折り、縦は上半身が寝れるぐらいあればオッケーです。 厚み(床からの高さ)は、好みと体の硬さにもよりますが、私はかなり高い方がリラックスできて好きなので、ブランケットを上記のように折りたたんだもの、4枚重ねます。お布団で代用も出来ると思います。

このブランケットを座ったお尻の後に縦に置きます。 脚の位置はそのままで上体を仰向けに倒したときに、ブランケットの下の淵がおへその真下あたりに来るようにし(お尻はのっけません)、頭がちゃんとブランケットに乗るようにします。

この姿勢で両腕は写真のように胴体の横に自然に掌を上に向けるか、肩凝りの人(=私)は腕を床の上で頭上に持ってくると気持ち良いですよ。

このポーズから出るときですが、まず肘をつき、上半身を出来るだけ左右対称にゆっくりと起こします。 私はそのまま4つんばいになり、そこからダウンドッグに入り、脚を伸ばしてニュートラルに持っていくやり方が好きです。 

このポーズは下半身やお腹の筋肉のストレッチだけでなく、消化を助けたり、喘息や胃潰瘍、そして心臓疾患などにも良いとされています。 また、一見分かりにくいのですが、このポーズ、後屈なので胸が開かれ、ちょっと落ち込み気味なときにやると、すーっと気分が晴れるのが感じられます。 

お試しあれ♪
[PR]
by takusukila | 2006-05-26 07:39 | ヨガ | Comments(48)

カット。

なんだかちょっと、恒例になってきている感がありますが、またQ Hair(19 Bleeker Street, NYC, Tel: 212-614-8729)の後藤さんに髪を切ってもらいました。 2月に切ってもらってから3ヶ月ぶりです。 その時の髪型はこちら

今回はなんと、デイモンが髪型案提供(笑)。 地下鉄でみかけた髪型が私に絶対似合う!という事で、何度か説明してくれてたんですが、彼のアイデアは前髪長めでうしろを刈り上げ。 う~む。 そうね。 ま、今度いつか、機会があったらね~。なんて話をそらしてたんですが、笑い話として後藤さんにそれを伝えたら、『良いかも!』って。

え? マジですか。

ここで、どれだけ私が後藤さんを信頼しているか、わかっていただけると思います。 後藤さんが良いと思うのなら、どうぞ、好きにしてくんなさいまし、って感じでおまかせしちゃいました。 

ばっさりとかなり切って頂いたので、切る前に写真を撮っておけばよかったなぁーと思いましたが、残念!

どんな髪型か、みる?
[PR]
by takusukila | 2006-05-25 08:17 | 自己紹介 | Comments(54)

優しいなー。

最近、洗濯ものは業者さんにお願いしています。 料金は重さでいくら、という感じで、私がお願いしているところは、1ポンド85セントです。 収集・配達は無料でしてくれます。 

ビルの2階にあるコイン・ランドリー(コインは使わず、プリペイドのカード使用だけど)は、
洗濯機・乾燥機ともに、1台使うのに2ドルします(なので両方つかって4ドルね)。 で、1週間~10日に1度の洗濯は勿論1台だけで終わるはずもなく、4台~6台まわす事に(乾燥機を入れるとその倍ね)。

洗濯自体は決して嫌いではないんですが、行ったり来たりがかなり面倒くさい私。 時間を気にしながら、合計3度往復しなくてはなりません。 ちょっとでも遅れると、他の人に洗濯ものを取り出される事もあります。 

業者さんにお願いすると、ほんの少し割り高ですが(本当にそんなに大きく違わない気がします)、とても丁寧にたたんでくれてるし、時間も拘束されないので、すっごく良いです。 

でも今日はお風呂場のラグなんかを入れたら、かなり重くなってしまって、デイモンがドアマンのところまで持って行く時、「うわ、重いね!」

その一言に罪の意識が・・・(笑)。 だって私、ぷーたろー中だし。 一日中拓とのんびり過ごしてるだけだし。 洗濯ぐらい自分でしろよ!っていう内なる声が・・・(母か?笑)。

「あ、やっぱり自分でやろうかな。」という私に、「やらなくて良いよ、そんな事。」って。 いや、いつも優しい子なんですが、やっぱり優しいよなぁ~って再認識してしまいました(笑)。  

以上、うちの洗濯事情&のろけでした。
[PR]
by takusukila | 2006-05-24 06:41 | 思う事 | Comments(22)

ヨガ宣伝活動。

昨日土曜日はイースト・ヴィレッジにある日系スーパー、サンライズ・マートでお友達と待ち合わせをし、ちょっとした食料品調達と(え? 中身? いやぁ・・・。 中華三昧の冷やし中華とか、ピエトロノのドレッシングとか、こくまろのカレーとか。 へへへ。 手抜き料理万歳!)と、出張ヨガの張り紙を、掲示板に貼ってきました。 一番高いところの左端に貼られてちょっと悲しかったけど、ま、2週間の期限過ぎたら、また挑戦します(笑)。 

お昼は『蕎麦屋』へ。 かけ蕎麦と天丼のランチセット。 ええ、勿論完食ですから。 美味しかったけど、ちょっと蕎麦のお汁、濃かったなー。 Rちゃん、ご馳走さまでした~!

気の合う、そして価値観のある友達と一緒に時間を過ごすのは、本当に楽しかったです。 彼女は才能豊かで仕事もすっごい出来るし、とても優しいハートの持ち主で、とっても尊敬しています。

家に帰ってきてから、ジャピオンという、ニューヨークで毎週金曜日発行の日本語新聞にクラシファイドを出そうと思って、オンラインで申し込みました。 内容は先日記事アップしたものと殆ど同じです。 

6月か7月には、どこか場所を借りて、4回ぐらいのビギナーズ・シリーズかドロップインでワークショップを開催できればいいなーと思ってます。 ソーホーやヴィレッジで色々とレンタル・スペースを物色中です。 ヒントをくれた、NY的良好瑜伽生活のKaorinさん、ありがとう!
[PR]
by takusukila | 2006-05-21 23:37 | ヨガ | Comments(26)

母のこと。

5月1日は、私と母、二人の誕生日でした。 毎日電話したりメールしたりするような、そんな仲良しさんではなかったけれど、母のことは、大好きでした。 勿論、うっとーしーなーって思ったこともしょっちゅう。 特に、ニューヨークで一人暮らしをしていた私を、どこか不憫に思ってるところがあり、言葉の端々からそれを感じられる彼女との会話は時として、重荷でした。

近い人が亡くなると、夢枕に立つとかって聞きますが、そういうの、一切なかったです(笑)。 あとから思い返して、『そう言えばあの時・・・。』なんてのも皆無(笑)。 

結構昔から、年は取りたくない、ボケたくない、癌や大病を患いたくない、と言うのが口癖で、ここ数年は、長く生き過ぎたよ。 もういいよ。 早く死にたいよ。ぽっくり逝きたいよ。 というようなことをしょっちゅう、私だけでなく、まわりの皆にも言ってたようです。 それを聞くのも嫌で、連絡もマメにしていませんでした。

享年67歳でした。 

今の時代では、この年は、まだまだ若いですよね。 私はいつも元気な母をみて、絶対100まで生きると、信じて疑ってませんでした。 死因は心臓発作でした。

雅子だけには迷惑をかけたくない、と周りの皆に言っていたそう。 

後悔は、たった1つ。 ちゃんと、普段からもっと連絡を取っておけばよかった。 それだけ。 母の事だから、こんな私を分かってくれてるとは思うけど、それでも、このたった一つの後悔、大きいです。 さよならを言いたかった。 ちゃんと、さよならを言いたかったです。 

母の遺体と対面し、お別れを告げるとき、多分まだちょっと時間かかると思うけど(笑)、必ずそっちに行くからねーって。 これが永遠のお別れじゃないからねーって。

自分の思うように生きて、思うように逝った母。 すごいです(笑)。

シカゴで色んな人と会って、色んな人に助けられました。 本当に感謝。 母の人徳だって、何人もの方に言われました。 

でも一番印象に残ってるのは、私も幼少の頃から知っている、母の中学校時代からの大親友のキヨコおばちゃんと国際電話で話したとき。 

『良く頑張ったね、マコちゃん。 偉かったね。 側にいたら、抱きしめてあげたい!』って言われた瞬間、感極まって、号泣してしまいました。 半世紀来の親友を亡くし、ご自身も腰の手術で入院中のおばちゃんの、その優しさに、そして、生まれたときから私の事を知ってくれている人に対し、一瞬、子供に戻ったような感覚でした。

母が他界してから、不思議と、生前より身近に母を感じられるようになりました。 と同時に、もう同じ空間を同じ時間にシェアすることは、これから二度とないのだという、認識。 

母の娘で、本当に幸せでした。 色んな事あったけど、私を育ててくれた母、愛してくれた母に、感謝。
[PR]
by takusukila | 2006-05-19 08:26 | 思う事 | Comments(82)

出張レッスン♪

安定収入のある仕事を真面目に探していたのですが…(笑)。 

やはり、ヨガのない生活は、私には考えられないようです。 自分のプラクティスと、それをシェアすることを両立できたらいいなぁと。 そして、最近よくダイアンとの会話で出てくる言葉 ― 「Contribution ~ 貢献」。 人のために、自分が出来る事は何か。 これって本当にヨガと通じる考え方だなぁと。 何度も何度も耳にしている言葉なのですが、ここにきてようやく、その意味がちょっとだけ、分かりだしてきた気がしてます。

とりあえずは、自分が出来る事から。 残念ながら今のアパートは狭すぎて、ベセスダにいた時のように自宅でレッスン、というのは今のところ不可能です。 おいおい、リビングルームのレイアウトを変えたり、家具を処分して、レッスンを開けるようになればいいなぁと思ってます。

というわけで、いきなりですが、ヨガ出張サービス始めます♪ 個人宅で、プライベート・レッスン、またはお友達を集めてのヨガ・パーティー。 企業出張の際はランチ・タイム・ヨガや就業時間後、1日の疲れを取るためのヨガと言ったクラス構成も可能です。 又、ニューヨークの数あるヨガ・スタジオに行ってみたいけれど、言葉が不安、と感じられてる方には英語と日本語を混ぜてのレッスンも可能です。 

レッスン・フィーは人数に関係なく、1時間15分のレッスンの通常料金は80ドルとなっておりますが、初回及び4回シリーズ購入の際は65ドルで。 お問い合わせはYogaByMasako(at)gmail.com (atを@に変えて)まで、お気軽にご連絡くださいませ。

クラスのスタイルはハタ・ヨガ、ヴィンヤサ・ヨガ、リストラティヴ・ヨガを織り交ぜたものですが、相談に応じます。 初心者・体の硬い方、大歓迎です~♪ 
[PR]
by takusukila | 2006-05-13 13:29 | お知らせ | Comments(46)

ソーホーでアイアンガー。

以前、リストラティヴ(回復)ヨガのティーチャー・トレーニングを取ったとき、その指導にあたった、アメリカでは著名な先生が『弟を亡くしたとき、1年間リストラティヴしか出来なかった』と語ってました。

ニューヨークに戻ってきてから大好きなリッピーのクラスに行ったり、家の近所にあるクーラ・ヨガ・プロジェクトというスタジオに行ったりしたのですが、どうやら体もココロも通常のヴィンヤサ(かなり運動量・動きのあるヨガ。 アシュタンガがベースになってます)より、リストラティヴを生んだアイアンガーのような動きの優しいものを欲しいているようです。

マンハッタンに戻ってきたら、絶対取りたいと思っていた先生のクラスがありました。 ジェニーは私が良いなぁ~~!と思うヨガの先生の多くが師事している先生で(リッピーも!)、まさにヨガの先生の先生という感じかしら?

彼女はアイアンガー・インスティテュートでも教えてるんですが、かなりレベルが高いクラス。 ソーホーの自宅のロフトでもクラスをやってるというので、行ってまいりました。

5階のウォークアップ(階段で上ります)。 古きよき時代のソーホーのロフトって感じ。 ブロックやベルト、椅子は勿論、壁にもロープが打ち込まれていたり、天井からもぶら下がれるようになっていたり。 かなり本格的です。
 
宣伝など一切していないし、看板も表示も何もされてないので、生徒さんは皆、口コミで来ている人たちばかり。 やはりヨガの先生多かったみたいです(笑)。 

さすがに、ニューヨークでヨガを教えてる人たちから、慕われる先生だけあります。 鷹の目を持ってる、というのかしら? すばやくポーズで歪んでるところをみつけては、絶妙なアジャストをしてくれます。 口頭での指示も、筋肉や骨、筋、チャクラにいたるまで、とにかくすごい!(相変わらず表現力の乏しい私)。

私が取ったのは一般向け(General)のクラスだったけど、レベル、高かったです。 今度、初心者向けのクラスに出直そうと思ってます(笑)。
[PR]
by takusukila | 2006-05-12 01:12 | ヨガ | Comments(32)

とうとう。。。

ぶっ倒れてしまいましただ。 とはいえ、全然たいした事ないです。 喉が痛く、寒気がして体中が痛いようなだるいような…。 プラス頭痛。 タイラノール・フルーという、強い薬を飲んで、1昼夜寝てたら、だいぶ良くなりました。 

アトピーも顔にまでちょっと出てきてしまうぐらい全身に広まってしまい、やっぱりストレス溜めてないように思っていても、溜まってたのね、あたしの体。 

お友達@社長さんはとっても優しくて、いつでも、いつまででも休んでいいからって(って、本当はあまり役に立ってないのか、あたし)。 ちょっとゆっくりしたらーって言ってくれてるので、お言葉に甘えて、すこしお休みする事にしました。 
b0052192_9234942.jpg

写真は今住んでるアパートからの夜景です。 東向きなので、朝は早くから部屋が明るくなります。 すぐ側に大きなビルがないのと、窓が大きいので、1日中ずっと明るいこの部屋。 夜はこのとおり、ブラインドを上げっぱなしでも気になりません。 とりあえず、現状維持という事で、すぐに引越しという事はなくなりました(ホッ)。
 
ええ、ええ。 夜景よりも拓を出せって声が聞こえてきそうです。 ほったらかしになってる『拓な毎日』も近々更新したいと思ってます。

またまたお返事遅れてます。 皆さんのコメントは、本当に私の元気の素となっております~! いつも応援、ありがとう~!!!
[PR]
by takusukila | 2006-05-05 09:27 | 思う事 | Comments(68)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧