<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

拓とヨガ…の小道具。

やっぱり『ヨガとデイモン』っていうタイトルの記事を書いたら、次はやっぱりヨガ・マスターである拓に登場してもらわないと、場がおさまりませんよね。

自宅でヨガ教室を始めるにあたり、買い揃えた小道具たち。 先週の月曜日(本番2日前!)に届いた、ぴっかぴかの小道具です。

ええ。 箱を開けて、リビングルームの片隅に置いたとたん…

師匠はおもむろに、ご自分の座を確保。
b0052192_13202033.jpg

いえ、良いんですけどね…。 教室に来てくださる方が優しい方でよかった。。。(涙) あ、ちゃんと定期的に洗濯しますので、皆さんご安心くださいませ。 

小道具は自分のプラクティスでも必ず使います。 プロップ(小道具)・ラヴです。 初めて行くヨガ教室で、来てる人たちが誰も使ってなくても、私はブランケット2枚、ブロック2個、ベルト1本を必ずマットの周りに邪魔にならないように置きます。

ヨガをやり始めた頃は、「私は小道具なんて使わなくても出来るわ!」なんて思って殆ど使ってなかったのですが、使い方をちゃんと習い、これらの小道具を使ってヨガを練習し始めると、小道具なしでのヨガは考えられなくなってしまいました。

私がNYで通っていたOM Yogaでは、アドバンスのクラスになればなるほど(参加者イントラが殆ど)小道具の数が多くなってた気がします(笑)。 

ヨガというのは、どれだけ難しいポーズが出来るか、ではなくて、どれだけ自分の体を理解し、体の声を聞いてあげれるか、という事が、アドバンスとビギナーの違いなのでは、と思います。 

無理せず、楽しくヨガしましょう~!
[PR]
by takusukila | 2006-02-27 13:28 | ヨガ | Comments(36)

ヨガとデイモン

実はもう先週の話になるんですが、初めてデイモンと二人でヨガのクラスに参加してきました。

以前も記事にした、お友達ケビンのクラス。 レベル1でゆったりと気持ちよく体を動かせるクラスです。

読む本読む本、「ヨガはいい!」とか「瞑想しなさい!」とか書かれてるらしくて、思わず瞑想のやり方が書かれてる本まで買ったりして。 ええ、彼、本などの知識から入るタイプです。

ヨガもいきなり、ヨガのバイブルとまで言われる、アイアンガー師のLight on Yoga(日本語タイトル『ハタヨガの真髄』)まで読み始める始末。。。

で、クラスの感想を聞くと、少し言いにくそうに、「うん。。。良かったよ。 でも。。。ちょっとニセモノみたいだった。」

大笑いしちゃいましたよ、彼のコメント。 確かにね~。 ハタヨガの真髄読んであのクラスに臨んだら、そりゃーそういう感想も出るかもね。 なかなかするどいぢゃん、デイ。

トランクィリティ・スペースのクラスは、最後のシャヴァアサナで先生が「アロマ・セラピー」と称し、ラベンダー水を噴きかけます(顔の上から)。 で、クラス終了と同時に、クッキーどうぞ~~って(笑)。 このあたりが「神聖さ」に欠けてたのかしらね?(笑)

本人、また行きたいって(ニセモノチックだけど、学ぶことはあると思うから、って。爆!)言ってました。 ま、何はともあれ、一緒にヨガするのって、ちょっと恥ずかしいけど、嬉しかったです。
[PR]
by takusukila | 2006-02-26 08:58 | ヨガ | Comments(30)

初日本語ヨガ・クラス♪

今週は初めて日本語でヨガのクラスを開催させていただきました。 

参加してくださったSさん、ゆかりのさん、ありがとうございました! ちょっと日本語が怪しい部分があったと思いますが、お二人ともとても優しい方で、楽しくヨガの時間を過ごせました♪

やはり、大好きなことを人とシェアできるっていうのは、本当に幸せな事だなぁと思いました。 ヨガを生涯の仕事にしていければ良いなぁと、再認識させられました。 

ところでレッスン中は拓、自ら寝室に入って、ドアを開けていたにもかからず一度も出てきませんでした(出てきて邪魔をするようなら、ドアを閉めようと思ってました)。 クラスが終わってからお茶の時間になると、自分から出てきてSさん、ゆかりさんに可愛がってもらってました。 

たまたまだったのかも知れないけど、拓って本当に賢いわぁ~~!とまたまた惚れ直してしまったのは言うまでありません(笑)。 って、こうやって書いておいて、来週は思いっきり邪魔しに入ったりしたら、ちょっとひんしゅく~なんですけど(笑)。 
[PR]
by takusukila | 2006-02-25 03:22 | ヨガ | Comments(36)

パルヴァティ

とは、破壊神シヴァの奥様で、繁栄の神ガネーシャのお母様。 瞑想をつかさどる(という言い方が正しいのかしら?)女神さまです。 幼少からシヴァ神を崇拝し、彼を旦那様にするために瞑想に没頭し、シヴァ神の心をつかんだと言われてます。

私が最初にヨガのティーチャー・トレーニングを受けた、ニューヨークのインテグラル・ヨガでは、トレーニングを終了する際、希望者にはサンスクリット名がもらえます。 

で、あたくしが頂いた名前が、このパルヴァティ。 

いや、何の意味もないんですけど、ふっと思い出したので、ブログに記して置くことにしました(笑)。 これからは皆さん、あたしのこと、パルヴァティとお呼びになって!(爆) あ、引かないで~~。
b0052192_2482810.jpg

[PR]
by takusukila | 2006-02-21 02:48 | ヨガ | Comments(42)

初空手稽古。

金曜日、初めての空手クラス参加。 10人ぐらいの生徒数で、レベルはビギナー。 アメリカの空手は、何故か級や段によってベルトの色が黄色だったり、オレンジだったり、白に赤の線とか、色々あります。 はい。 ちょっとこんがらがってます(笑)。

年齢層も10代から40代(憶測)までと幅広く、男性・女性比7対3という感じです。

腹筋運動あり、腕立て伏せあり、ドッジボール(そう、ドッジボール!)あり、で1時間殆ど動きっぱなしです。 

ええ、腹筋、大の苦手ですから。。。 1日経った今日は、お腹の筋肉胸から下腹まで、笑うだけで痛い。。。

でも、ちょっと楽しいかも! っていうか、かなり楽しいかも!!! 準備体操はヨガのポーズと同じものがたくさんあります(アーダ・マツィアンドラアサナ、ジャヌ・シアシャアサナ、ウッパヴィスタ・コナアサナなどなど)。 

そして胴着も、「あら、私、なかなか似合うじゃない!でへでへ。」ってな感じで、来週のクラスが今から待ち遠しかったりします~。

ベセスダ近郊にお住まいの方、空手はいかが???
[PR]
by takusukila | 2006-02-19 11:31 | Comments(22)

パースヴァ・ウルドゥヴァ・パドマアサナinサーヴァンガアサナ

毎週木曜日のアイアンガー。 レベルII/IIIという事もあって、先生は全てのポーズをデモンストレーションするわけではないのですが、たまにしてくれるポーズが、素晴らしく綺麗。 ため息が出てしまいます。

やはり、ご自身のプラクティスが出るんだなぁと、改めて、自分のプラクティスを見直してしまいます。 

先日のクラスのデモで印象深かったのがパースヴァ・ウルドゥヴァ・パドマアサナinサーヴァンガアサナ。
b0052192_11101451.jpg

オンラインで見つけたこの写真はパースヴァ・サーヴァンガアサナ。 タイトルのアサナと写真のアサナの違いは、脚を真っ直ぐに伸ばすか、蓮華坐を組むか。

とっても久しぶりに練習したこのポーズ。 先生から「あら、綺麗に出来てるじゃない~。 もう少し膝を体から離して体と一直線になるように。。。」と指示されたとたん、すってんころりん(笑)。

前屈・後屈系は苦手だけど(って、ヨガのポーズ、殆どぢゃん!)、アーム・バランスや、こういう逆さまになるポーズ、バランス系は大好き!
[PR]
by takusukila | 2006-02-19 11:11 | ヨガ | Comments(18)

空手面接

道場の先生と直接面接してきました。 なかなかハンサムなおじさん(笑)。 一人で切り盛りしてるようで、なんとなく良い感じ。 でもね。。。1年契約しなくちゃいけないの。 1年。。。ちょっと長くないかい??? そこまでの決心はしてなかったから、ちょっと焦り気味の私。 とりあえず、30日間トライアル、という事に。

20分ほど個人指導してもらい、騎馬立ちとかって、あれ? 戦士のポーズ?(笑) なかなかの運動量。 

ダイアンも、1年もやらなくても良いって言うんだけど、そんなこと言っても、1年契約でないと、レッスンしてもらえないみたいなのよねー。 

困った。

あ、で、皆さん。 そろそろ新しいスキンに慣れていただいた頃だと思いますが、やっぱり元に戻します(爆)。 心変わりの激しい年頃です。 お許しを。
[PR]
by takusukila | 2006-02-16 06:43 | Comments(40)

ヨガのクラス

少人数制(5人まで)で、自宅でヨガのクラスを開催することにしました!(うち、リビングルームの家具がないので、にわかヨガ・スタジオと化します。笑)

月曜日と水曜日の12時から1時間15分。 1クラス$20です。 

DC近郊にお住まいの方、初心者・体の硬い方大歓迎です! 一緒にヨガを楽しみましょう♪

お問い合わせはmakochan_m(at)hotmail.com (at)を@に変えて、よろしくお願いします。 
[PR]
by takusukila | 2006-02-14 13:59 | お知らせ | Comments(48)

でましたよ、お次の課題。

最近、時々またセッションをしてもらっているライフ・コーチダイアン

今日出た、次の課題、何だと思います???

『空手を習うこと』

ええ、彼女の課題は今までにいくつかあって、ヨガのティーチャー・トレーニングを受けたのもそのひとつ。

さてさて。。。

ベセスダに来てから、うちの近所にある道場が何故か目についてとても気になっていたのですが、はこういう事だったのね(笑)。

この道場は沖縄の『流手』という空手を教えているところだそうです。 き、聞いたことないけど、ちょっと面白そう? 

さっそく来週からレッスンを取りなさい、といわれております。 ぷぷぷ。 運動オンチな私だけど、大丈夫かしら?
[PR]
by takusukila | 2006-02-12 06:58 | ライフ・コーチ | Comments(38)

久々のニューヨーク。

昨日土曜日、デイモンと一緒にニューヨークまでカットしに行ってきました。

アムトラック(列車)がマンハッタンのペン・ステーション(正式名、ペンシルベニア・ステーション)に着いたとき、目頭が熱くなっちゃいました(年取ってくると、涙腺弱くなってくるのかしら~?) ペン・ステーションの市営地下鉄駅のプラットフォームに立ったとたん、また目頭熱くなってるし、私(笑)。 約4ヶ月ぶりのマンハッタン。 感無量。 

デイモンは同じ地下鉄に乗って、途中下車してチェルシーにある彼のスタイリスト、ブレアのところへ。 私はノーホーにある、キュー・ヘアへ、以前も記事にした後藤さんを訪ねて。 

写真はハウストン・ストリートの地下鉄駅から上がってすぐ。 ここはソーホー、ノリータ、ノーホー地区の交差点。 あまりにも有名なダナ・キャラン・ニューヨークの広告。 
b0052192_9283936.jpg

カットは相変わらず後藤さんにおまかせ。 やっぱり、わざわざワシントンDCからマンハッタンまで行った甲斐がありました。 仕上がりを見たとたん、にんまり、大満足! 彼のカットのすごいところは、翌日手グシでブローしても、同じようにかっこよく仕上がるところ(美容師さんによっては、カットのあとすごく上手にセットしてくれるけど、翌日シャンプーしたら、全然違う髪形!ってのも、よくある事でした、後藤さんに出会う前は。 難しい癖毛なんで、やっぱりセンスや技術がないと、そーなってしまうんでしょうね~)。 そしてなんと、6ヶ月もカットせずにいても、悲惨な髪型にならず、それなりにちゃんとカッコいいこと(だからカット、年に3~4回でもオッケーだったりするんです)。 ああ、やっぱり、ビバ・後藤さん!(笑)

カットのあとは、デイモンと待ち合わせて、ウエスト・ヴィレッジにある、デイモンの行きつけだったレストラン、元グレインジ・ホール、現ブルー・ミル・タヴァーンで夕食(オーナーが変わり、レストランも改装されてました)。 彼の友達グレンも立ち寄ってくれて、楽しいひと時。 

デイモンは一泊したがったけど、私の心は早(っつうか、アパート出たとたん、拓が恋しくなってた私)拓が待っているベセスダへ。 夜9時5分発の列車で帰途につきました。 DCのユニオン・ステーションから地下鉄でベセスダまで。 自宅に着いたのは午前1時半。 やっぱり、ニューヨークは大好きだけど、拓がいる場所が私にとっては『ホーム』です。 

熱いご要望にお答えして...。
[PR]
by takusukila | 2006-02-06 10:00 | 自己紹介 | Comments(110)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧