<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

サブレット~短期賃貸

全然このブログの趣旨と関係ないんですけど…。 

友達が高級アパート(家具つき1ベッドルーム)をサブレットしてくれる人を探してます。 場所はトライベッカと言われる、お洒落なレストランやショップがたくさんある地域で、ハドソン川のほとりです。 期間は8月から1ヶ月~3ヶ月(応相談)で、家賃は1ヶ月$2850(電気代込み)です。 詳しくはこちらへ。

興味のある方、または短期アパートを扱っているニューヨークの不動産をご存知の方、makochan_m(at)hotmail.com (atを@に変えてくださいね)までご連絡くださいませ~。
[PR]
by takusukila | 2005-07-30 21:50 | 思う事 | Comments(4)

素敵な女性になれる、秘密大公開!

「素敵な女性になりたいです。」

これって、結構なにげに皆使ってるみたいで、よく耳にしたり、目にとまったりします。 

このフレーズ、どこがおかしいか、お分かりになるでしょうか。 

言葉って、「言霊」っていう単語があるくらい、パワフルだと思うのです。というか言葉を発する人間がそれだけパワフルだという事なのだと思うのです。 深い意味もなくつい癖のように出てくるこういう言葉って、結局それは自己暗示のような働きをするような気がします。 「素敵になりたい」=「今は素敵ぢゃない」という図式が知らず知らずに間に自分の中で確立されてきてはいませんか。

実はね、過去も未来も実在しないっていうのはヨガでも言われる事ですが、ダイアンがいつも口をすっぱくして言う事なんです。 過去も未来も、頭の中では存在するけど、「実在」はしないのです。 実在するのは、「今」という瞬間だけ。

「なりたい」=「未来」を追いかけてもそれはいつも自分の頭での中でしか存在しないわけで、その「未来」はいつまでたってもやってこず、つねに「なりたい」を追いかけてしまうという、悪循環。

素敵な女性である事って、「今」「現在」実在する自分を思いっきり受け止めて、愛してあげる事だと思うのです。

もう自分はすでに素敵なんだという事実を、まず一番最初に自分自身が気づいてあげる事。 それぢゃ~思いっきりナルぢゃな~い!って思ったそこの奥様! ナルで大いに結構だと思いますのよ、あたくし。 誰に迷惑かえるわけぢゃないし(爆)。

「くぅわぁ~~~! あたしって、なんて素敵な女性なんだろう! ぷぷぷ!!!!」くらい、鏡に向かって言ってあげたり、電車の中で思って一人でにやけてみたり。 そんな気分ぢゃなくても、とりあえず言ってみる! Fake it 'til make it!(ホンマもんになるまで、フェイクしちゃおう!)って英語では言うんですが、私の好きな言いまわしです(爆)

b0052192_13211466.jpg

全然記事と関係ないんですけど、拓が可愛すぎるのでアップ。


 
[PR]
by takusukila | 2005-07-29 13:22 | 思う事 | Comments(88)

ettooさんのリクエストにお答えして…。

b0052192_21355789.jpg

私: 拓ぅ、新しいベッド気に入ってくれたのはすっごく嬉しいんだけど、ここでおっぴろげ~は、ちょっと無理なんぢゃ…?
拓: ほっといてください。
[PR]
by takusukila | 2005-07-28 21:37 | | Comments(24)

また買っちゃった♪

ヨガ・ウェア・・・。 今回はMarikaというところから出ている、シヴァ・シャクティ・コレクション(Shiva Reaによるプロデュース)のもの。 トップの前中央と、パンツの後ろ中央についているロータスのデザインが可愛くて衝動買い♪ 色的には、あまり似合う色ぢゃないような気がするんですが(爆)、ま、いっか。 安かったし(爆)。 上下で消費税も入れて$57.37(6400円くらい)でした。 
b0052192_842543.jpg

b0052192_8431859.jpg


あ! あと、今日正式に来月に行われるOM YOGAのティーチャー・トレーニングの合格通知が届きました~。 最近ティーチャー・トレーニングの指導をしていなかった主催者のシンディー・リー、そして現在ハワイに在住している私の大好きなセーラ・トレリーズが講師です。 このトレーニングは、OM YOGA以外で資格を取ったヨガのインストラクター向けのものです。 今からとっても楽しみ!
[PR]
by takusukila | 2005-07-28 08:45 | ヨガ | Comments(35)

レギュラークラス

今週末からレギュラーのクラスを担当することになりました。 

1年ちょっと前に資格を取ってから、時間があるときに代行としてヨガのクラスは教えさせてもらってたのですが、ある意味、「自分のクラス」を持つことへの責任の大きさを感じてて、ずっとレギュラーのクラスはもたずに今日まできました。

以前にもブログにちょっと書きましたが、ここ数ヶ月、ヨガを分かち合う楽しさが感じられるようになって、レギュラーのクラスを持ってもいいかなぁと思い始めていたところです。 

でも私みたいな経験の浅い奴がレギュラーもってもいいのか?っていう気持ちも無きにしもあらずですけどね~(笑)。

土曜日がその初日だったんですが、しょっぱなから今まで一度も間違った事のない、ナディ・スディ(呼吸法の1つ)のやり方の説明を間違ったりなんかして、途中で、「すと~~~っぷ!!!! ごめんごめん! 今のなかったことにして~~!爆! (笑いごっちゃないよ)」みたいな一面も。 あはは。

最近自分のプラクティスがご無沙汰気味だったのですが、俄然またやる気が出てきましたよ。

ヨガを教えるって、結局自分のプラクティスがそのまま出ちゃうんですよね。 私がティーチャー・トレーニングを受けてたとき、多くのクラス・メートが「クラスを教える練習するのに忙しくて、自分の練習する時間がないわ!」って嘆いていましたが、私の場合は、クラスを練習する時間がなくなってでも、自分のプラクティスを優先してました。 

だってね。 教え方とか、言い回しとかって、絶対後からついてくるもんだと思うんです。 自分の体で身をもって経験せずに、どうやってヨガを皆さんとシェアできましょう?というのが私自身の考え方でした。 もっとも私は、ティーチャー・トレーニングやる前もやってる最中も、先生になりたいとかっていう思いは全然なかったんですよね~(笑)。 

ヨガって、やればやるほど、ただ単に体を動かす運動ではないんだなぁと言うのが、心と体の両方で感じられます。 そしてやればやるほど、う。。。あたしって初心者ぁ~~!!!っていう気持ちが大きくなります。 それが何故か嬉しくもあるから不思議です。 

私のクラスは、老若男女、ちびちゃんものっぽちゃんも、ヤセさんもデブさんも、体が柔らかい人も硬い人も、みんなが「気持ちよかったぁ~♪ 楽しかったぁ~♪」って思えるクラスにしたいと思ってます。 人生と一緒で、そんなにシリアスにならずに、気楽にやっていきましょ~、みたいな? 
[PR]
by takusukila | 2005-07-25 14:24 | ヨガ | Comments(68)

最近。。。

ヨガの話題がすっかり欠けてるこのブログ…。 ちょっとこのところ、ヨガをサボり気味で(あ、仕事も!)、なんちゃってヨギニな私の性格がバレバレです。

で、今日の話題はと言いますと…。 

b0052192_6381142.jpg

b0052192_644748.jpg


やっぱり拓よね~~~。 うふふ。 同棲記念日(命名ありがとう、りぷりぷさん!)のお祝いにと買ったのが、先日紹介した青のベッドと、もうひとつがこちら。 (っていうか、本当のところは同棲記念日の直前に起こった、拓の便秘その後の一連の件に関して、とにかく罪の意識をぬぐいたく、おろそかにもモノで拓の愛を取り戻そうとして購入した商品なのです… 爆!)

アザラシーズさんところのお手製『愛のつつっぽ』には負けるけど(だって、不器用で面倒くさがりの私はアザラシーズ巨匠の真似っ子なんて、できっこな~い!)、なかなかかわいいでしょ? (アザラシーズさ~ん! 2枚目、『しりっぽ劇場』にもってってもらえるかしら~? Pretty Please!)

拓もまんざらでもなく気に入ってくれてるみたいだし。 そしてなんと! みるぼちゃんのとお揃いでもあるのぉ~。 

おまけ
[PR]
by takusukila | 2005-07-21 06:47 | | Comments(56)

超お勧めの本

以前、Le Chat BotteのMarie-Chantalさんとこで紹介されていた、The New Natural Catという本。 今日アマゾンから届きました。 まだ数章読んだだけですが、めっちゃお勧めです。 翻訳版は残念ながら出てないようですが、Marieさんがおっしゃってるように、かなり読みやすい英語で書かれてあります。

グルーミングの仕方から、薬の上げ方、食事の事、そして猫によくある病気や怪我の対処と予防方などなど、薬や化学薬品に頼らず、できるだけナチュラルな方法で、というのがこの本の趣旨。 著者は猫専門の栄養士・グルーマー(グルーミングをする人)であり、この道数十年のベテランさんです。

数章読んだだけですが、小さな頃から猫と一緒に暮らしている私でも、知らなかった情報が満載。 あと、ご飯の上げ方とか、反省しなくてはならない点がいくつか…。

著者が猫をとても大切に思っているのが行間からひしひしと伝わっくるだけではなく、的確で明瞭なアドバイスとその理由や実例、経歴がちゃんと書かれてあります。 英語アレルギーでない方、この本一押しです!

b0052192_1064571.jpg

 
[PR]
by takusukila | 2005-07-20 10:32 | | Comments(26)

元彼 ~ Ex-Boyfriend

なぜかこの響き、好きなんですよね~。 だから現在「彼」がいないのかしら? (爆)

コンピューターを直してくれた元彼の事は、実は以前にも記事にしているのですが、なかなか物事がスムーズに運びません。 スムーズな人生を求めるのであれば、彼とパートナーシップを組むのは、無理です(爆)。 

今回会ったのはなんとクリスマス以来なので、7ヶ月ぶり。 でも会うとその時差ってのはあまり感じない人で、少しぽっちゃりしてたりするんですけど、そういうのも全然気にならなかったり。 私の友人は「あんなちび・でぶ・はげの、どこがいいの?」って言うんですけどね。 あはは。 これってあばたもえくぼっていうやつ? 

彼への想いは、どこか母性的な部分があるように思います。 拓に対して母親だと思うことはないし、今まで付き合ってきたどの人に対してもこんな感情を抱いた事はないので、もしかして前世というものが本当にあるのなら、私は彼のお母さんだったのかもなぁって思ったりもします。 だから、どんな事を彼がしてもしなくても、腹が立たないというか。。。 もちろん最初からこのように達観していたわけではなく、本当に何の見返りも期待せずに彼を愛せるようになったのは、ここ1年くらいの事です。 (ダイアン、ありがとう!)

彼とは将来があるとかないとかってのは、問題外のような感じです。 たとえば、今私が誰かにデートを申し込まれたら、即行っちゃいますよ(笑)。 でも彼に「雅子が必要なんだ!側にいてほしい!」って言われれば、すぐ飛んでっちゃいます(クリスマスの時がそうでした)。 ただ、そう言われたからと言って、「それじゃぁ、これからはずっと一緒ね!」と思い込むほど、私はナイーブではないし、彼の口から出る約束を信じて期待することもありません。 わかっているのは、「その瞬間」に彼は心底そう思うのであろうという事。 そしてそれを維持できないのは、私の問題ではなくて、彼自身の葛藤なのだなと。

そして、そうこうしているうちに、他の人とくっついて、彼のことはあくまでも良い思い出だったわね~で終わることだって、全然ありだと思ってます(笑)。 彼が私にとって唯一のソウル・メイトよ!なんて、全く思っていませんことよぉ~。 

人に彼の話をすると、「どうしてそんなひどい事をされてまで、雅子は彼にそんなに優しくできるんだ? 許すことができるんだ?」と聞かれます。 

それは、私が彼の言動を、自分にされている、という風に受けとる事がないから。 許すとか許さないとかってのは、私個人に対しての攻撃ではないという理解があれば、許すも許さないもないでしょー?って思っちゃうから。 そしてそんな彼だと承知の上で、好きで大切に思って、側にいたいと思うのは、あくまでも私自身のチョイスであるから。

こんな風に本当に心の底から感じられるようになれるまで、3年かかりました。 毎日のように自分に言い聞かせた、『愛の定義』、そして『怒りについて』(私の場合、「怒り」を「傷つく」に置き換えて)

人を本当に何の見返りもなく愛せるって、愛されている人が得するのではなく、自分が一番幸せになる早道なんですよね。 こんな風に人を愛せるようになった自分に、ありがとう。 そしてそれを身をもって教えてくれた拓と、私に関わってくれる全ての人に(嫌いな人も含めて!)感謝。 
[PR]
by takusukila | 2005-07-19 07:56 | 思う事 | Comments(42)

おニューのベッド

ちょっと小さかったかな~。 でも、かなり気に入ってくれてるみたい。 前からある大きなベッドと同じくらい活用してくれてます。 

b0052192_1145717.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-07-18 12:53 | | Comments(40)

ザ・復活!

感涙の復活です! 元彼Dくん、ありがとう!   

結局Windows XP Professional CD-ROMが必要だったのですが、「足の踏み場もない」って言葉がぴったりの彼のお部屋で、さすがに仕事柄(コンピューター関係のお仕事してます)CD類はちゃんと整理されて保管されてたので関心しちゃいました。 こんな風にほかのものもちゃんと整理整頓できたら、いつもあれがない、これがないってアパート中ひっくり返すこともなかろうに。。。(笑) 

いろいろな日本語機能の使い方まで教えてもらって(本人日本語、しゃべれないし読めない、まったくのアメリカ人なのに)、助かりましたぁ。

写真は彼のアパートから。 右側のとんがり屋根のビルの左に見える空地(黒いビルの前)がグラウンド・ゼロです。 新高層ビルの建設、遅れてるみたいですね。 今日のニューヨーク、雨模様です。

b0052192_213607.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-07-17 21:41 | 思う事 | Comments(32)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧