<   2005年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

結論。

ニューヨークにいることに、決めました。 あとどのくらいかは分からないけど、とりあえず、現時点での田舎への引越しはなしです。 お騒がせしちゃって、ごめんなさいでした!

大家さんへは申し込み用紙とクレジット・チェック(経済的なバックグランドチェック)用の料金も送って、あとは私が返事をすれば、アパートの契約書を送ってもらえる、という段階まで話が進んでいたのですが。。。

あらゆる意味で、今の生活が大好きで、仕事も自分の夢に向かって蓄えるには、大変環境が良い事などを考えると、どうしても引っ越す決心がつきませんでした。

それでも、嫌な新規開発から逃れられ、人生のバケーションを楽しめる事への憧れ。拓にも思いっきり太陽を浴びさせてあげられる環境。 本当にここ数週間、知恵熱が出るんぢゃないかと思うほど、色々悩み、考えました。

人生これからどうなるかはほんっとに分かりませんが、今の自分に与えられた環境を120%楽しんで行きたいと思ってます。

で、決心を固めたら、いきなり新商品の新規開発、やらなくてよくなっちゃった! 

で、話しは一転してMC途中経過、8日目です:

そろそろ、食べ物がすっごく恋しくなってきました。 食料品が買えないので、最近はちょっと、洋服とか買っちゃってます。 以前紹介したスザンナ・モナコ、またサンプル・セールやってたので行ってきちゃいましたよ。 ストリング・トップ(肩紐が細いやつね)4枚。 だって、1枚20ドルだったんだも~ん。 しかもディテールがなかなか可愛いし。 普段買わない色(水色とマジェンタ。あとの2色は白と黒。)まで買っちゃったよ。 先日は薄紫の巻きスカートとヨガ用トップも買っちゃったしなぁ。。。 ヨガ関係の本も3冊も一気に購入しちゃったし。 夢に向かっての貯蓄は???(笑)

で、本日の戦利品はこちら♪
[PR]
by takusukila | 2005-06-30 07:14 | 思う事 | Comments(76)

怒るという事について。

ダイアンからのお告げ(爆)

「もし貴女が感情的にも理知的にも相手の事を理解する事ができれば、『頭にくる』という事はなくなるはず。

人間は皆、受け継がれた肉体的特長と経験のたまものだと言う事を忘れてはなりません。

もし貴女が、怒りの原因である本人と同じ体を持ち、同じ体内分泌をし、同じ影響を同じ順番に今の今まで体験していれば、貴女もその人と同じ行動をとったはずです。

だから、人に対して怒るという事は大変エネルギーの無駄なのです。」

注: 怒りのほかに、傷つく、という言葉もあてはまります。

これで私は、男を吹っ切りました(爆)。 現在は、仕事関係において、活用させてもらってます。
b0052192_7302814.jpg

拓に対して怒るって事はないから、世の中みんな、拓だと思えばいいのよね♪(おもえね~っちゅうの!)
[PR]
by takusukila | 2005-06-29 07:31 | ライフ・コーチ | Comments(52)

陰ヨガ@自宅

久し振りの宅ヨガ。 週末のワークショップで習った陰ヨガメニューです。

普段床でゴロゴロする事がないので(イス&ソファの生活です)、拓がずっと側で、お腹の下に入り込んだり、脚にくっついて寝たり、タラアサナのときなんて、ひし形になってる脚の中に入って、私のふくらはぎに手と顔をのっけたりで、もうめちゃくちゃ幸せ気分な陰ヨガ・プラクティスとなりました。 やっぱり毎日やろう~っと!(下心、丸見え)

MCは6日目終了。 すごく調子良いです。 4日目くらいまではおなかが空いて、かなりのレモネードの量を飲んでましたが、今日はそれほど空腹感もなく、飲み忘れちゃうほど。 

ここからは、本日の陰ヨガメニューです。 興味のある方だけ、どうぞ♪
[PR]
by takusukila | 2005-06-28 12:41 | ヨガ | Comments(24)

悩殺! グラビア・ショット!

タイトルみて私だと思った方、まさかいませんよね? にゃは。
b0052192_1038946.jpg

ところで皆様、猫さまの予防注射(ワクチン接種)など、どうしてらっしゃいます? ちょっと調べてみたら、予防注射にも賛否両論あるようです。

おまけ: 今日でMC5日目、無事終了しつつあります。 折り返し地点です。 相変わらず朝の塩水はうげぇ~ってくらいまずいですが、効果はすごいです。 昨日からヨギ・ティーのファースティングっての、飲んだりしてます。 これは食欲を抑え、肝臓の働きを助け、新陳代謝を良くし、血液の循環を促し、そしてまた、腸の働きをも促してくれるという優れもの! 結構いけます。 ちょっと甘いものが欲しかったので、今晩はメープルシロップを入れて飲みました。
[PR]
by takusukila | 2005-06-27 10:47 | | Comments(66)

陰ヨガってね。

陽ヨガ(アシュタンガ、アイアンガー、ビクラムなどなど、筋肉を活動的に動かすアサナ・プラクティス)の代わりにやるものではなくて、あくまでも、バランスを取るために平行してやるもの、なのだそう。 

タオ(道教)の教えでは、陰と陽は切っても切れない関係。 そして常に陰の中には陽の要素が、そして陽の中には陰の要素があるというのは、この有名な陰陽のイラストでも象徴されています。 

b0052192_23575755.jpg


白黒真ん中で分かれているのではなくて、こうやって丸みを帯びた形で、時には陽が陰になり、陰が陽になりと、つねに柔軟にバランスを保つ。 陰がなくては陽は成り立たないし、陽がなくても陰は成り立たないのです。 ホール(完全、すべて)であるためには、両方とも必要不可欠な要素なのです。

なので陰ヨガもこれと同じアプローチ。 活動的なアサナ・プラクティスはストレス発散にもなるし、体が必要としている運動でもあります。 でもどんなに素晴らしいことでも、それだけをやっていると、偏ってしまいがち。 陽ヨガは活動的である反面、ある意味自分と正直に向き合う事をしなくてもすむことも。 流れに身を任せて、つねに動きのあるヨガ。 ともすれば、その気持良さにかまけて、現実逃避も入っているのでは? 

陰ヨガでは、立って動き回るアサナはなく、殆どが座るか寝るかのポーズとなります。 筋力に頼るアサナではなく、あくまでも関節に直接働きかけるポーズで、ゆっくりと凝り固まっている部分を開いていきます。 5分という長さ。 じっとしている間に勿論、色んなことが頭に思い浮かびますし、また関節の居心地の悪いこと!!! でもこれが、究極的には自分と向き合う事になるのです。 

今週末ワークショップを取っているセーラ先生は、アシュタンガとアイアンガーをバックグラウンドに持ち、先生歴20年のベテラン。 彼女のため息が出るほど素晴らしいアサナはこちらで。 彼女は陽ヨガを週に4日するとしたら、陰ヨガは週に6日はするとの事。 彼女の場合、体がとても柔らかいので、通常陰ヨガをはじめにやり、陽ヨガをその後でするのだそう。 その逆だと、もう体が柔らかくなりすぎていて、陰ヨガの効果があまり感じられないのだそう。 あと、現代人の日常生活では、とにかく陽のエネルギーが満ちているので、そのバランスを取るためにも、陰ヨガを多く取り入れているのだとか。 

体の硬い人(私だわ!)は陽ヨガを最初にして体を温めてから陰ヨガをすると良いかも、との事。 でもこれはあくまでも、本人次第。 どちらを先にするかというのは、あまり重要ではないようです。

で、真の陰ヨガ・マスターのお姿は、こちら
[PR]
by takusukila | 2005-06-26 23:58 | ヨガ | Comments(34)

うりふたつ。

はじめてにゃおうちゃまを拝見したときは、拓と同じ毛色で、可愛いところがそっくり(爆)なのに驚いてしまったのですが、たった今、Marcellinちゃん宅をにお邪魔したら、ななんと! にゃおうちゃまの寝姿と全く同じ格好で拓が横で寝ているので、つい激写! とらばっちゃいます♪
b0052192_20544.jpg

クーラーを入れるほど暑くはないのですが、今日は32度越すそうです。 日当たりが悪い部屋なので、こんな日はちょっと助かるかも(笑)。 でも朝からずっとこの調子で寝てる拓。 やっぱり毛皮がある分、暑いのかな?
[PR]
by takusukila | 2005-06-26 01:59 | | Comments(24)

陰ヨガ ~Yin Yoga~

今日はエクスヘール・スパというところでセーラ・パワーズさんの陰ヨガ・ワークショップに参加しました。 

このスパ、すっごく好きです、私。 めちゃくちゃお洒落で綺麗なのはサイトを見て頂くとお分かりかと思いますが、スタッフも感じが良いし、清潔感溢れる更衣室(ふわふわのタオル、ハーブ・ティーや緑茶サービス、マウス・ウォッシュなんかも設備されてます)、そしてヨガ・スタジオがなんと言っても、禅を感じさせるような、落ち着く空間なのです。

で、本題のワークショップですが。。。 いや、すごかったです(なんか最近、こればっかね、あたし?)。 何がって、やるポーズは全て簡単なものばかりなのですが、ホールドする時間が長い! 約5分です。 あ! 今5分って読んで、せせら笑ったそこの奥様! 5分がどんなに長いものか、1度試してごらんあそばせ!

陰ヨガは中国の道教を元に構想されたヨガです。

一般的に人気のあるハタ・ヨガ(アシュタンガ、アイアンガー、ビクラムなどなど)は陽ヨガと呼ばれ、筋肉を使い、動きが活発なのですが、陰ヨガでは骨と骨をつなげる(関節)靭帯にゆっくり長く働きかけて、「気」の流れを良くするというもの。 結局「気」または「プラナ」とヨガでは言われているエネルギーの流れが、関節部分では止まってしまうことが多いので、それが高じて、体が硬くなったりする原因らしいのです。 で、体が硬ければ勿論怪我にもつながるというわけで。。。

でもこのヨガの一番の目的は、関節をもっと開いて、「気」の流れを良くし、その気孔に関連する内臓を健康にするというもの。 体が柔らかくなるのは副作用というか二の次というか。

最初のポーズはバラアサナ(チャイルド・ポーズ)の変形版。 膝は出来るだけ開き、お尻は出来るだけ床に近づけて、上体を前に倒します。 簡単でしょー? でもでもでも!!! 途中から太ももの付け根(内側ね)が、じ~~~~~ん。。。。 ご、5分って、こんなに長かったっけか!? こうやってポーズをホールドしている間、セーラ先生はおしゃべりし続けるのですが、それもすっごく良いこと言ってるんですけど、あまりに付け根がジンジンしちゃって、お話に集中できず。

こんな調子で2時間の間に、ランジング、スフィンクス(コブラの状態で肘から手を床につけて上体をそらせます)、鳩のポーズ、前屈、とやるのですが。。。 いやぁ、どれもすっごくハードでした。 でも終わってみると、確かに関節(今日は下半身集中)が、すごくフワフワ。 

確か、以前ジムに行ってたときにトレーナーが「筋肉を強化したいのなら、ポーズを何度も繰り返し、筋肉を柔らかくしたいのなら、ポーズを長くホールドする事が大切」みたいな事言ってましたが、なるへそ~~~!!! って思いました。

これ、毎日やると、絶対柔らかくなるはず、あたしの体!ってすっごい実感しました。 

おまけ:  今日でMC3日目終了。 元気です! やっぱり今回で3回目ってのもあるのかなぁ。 あまり空腹感もなく、順調です。 
[PR]
by takusukila | 2005-06-25 10:15 | ヨガ | Comments(34)

マスター・クレンズ、再び。

ちゃんと10日間やりとおせる自信がないので、こっそり内緒でやろうかなぁと思ったのですが。。。ええい!!! 言っちゃえ! 『山猫の缶詰。』のアザラシーズちゃまや、『のほほんヨガ雑記』のhattiさん、『へっぽこヨギニのから騒ぎ』のnyaomimiさん、『へなちょこヨギー二日記』のペコさん、『よちよちyoginiの日記』のtaniさんなど、きっと他にもたくさんの方が初挑戦、再挑戦されているMC。 いやぁ、去年の12月にブログで紹介したときには、これほどの方々に試していただけるとは想像だにしませんでした。 正直びつくり!これってまさにブログの力ですね。 すごひ~!!

で、言いだしっぺの私は12月に豆腐を食べながら1週間、1月には豆腐なしで1週間やっただけで、10日間のMC挑戦は今回が初めて。

さてさて、紹介しておいてなんですが、はたして10日間、続くのか? 乞うご期待!(って誰も期待しちゃいないさ)

ちなみに初日の今日はSWFもうまくいき、お腹も減らずに絶好調です。

あ、ところでMC前の最後の晩餐は『なぼなと私のねこ日記』のdauちゃまから頂いた、『鳥肌の立つカレー』のキーマ・カレーを頂戴いたしました。 もうね、マジで超美味しかったぁ~!!! スパイスが効いていて、辛口! ひぇ~~。 キーマ・カレーって、食べた事なかったのですが、うまいっすね~! ありがとう、dauちゃま! んでもって、デザートはアザラシーズさんから頂いたメープル・ロリポップスにメープル・チャンクス。 後者はどうやら紅茶やコーヒーなどに入れるものらしい。。。私はポリポリ、食べてたよ。 うみゃぁよ、ふたつとも!

b0052192_5352172.jpg

ロフトベッドのレールから身を乗り出してだらける拓。。。どうして君は、やることなすことそんなに可愛いの!?
[PR]
by takusukila | 2005-06-23 05:36 | マスター・クレンズ | Comments(68)

ヨガって。。。

最近日本でもかなり流行ってきている(都心だけ?)ヨガ。 ニューヨークでは10年くらい前から流行りだして、もうそれは流行りを通り越して、多くのニューヨーカーの生活の一部となっているようです。 きっと日本も一過性のものではなく、定着するようになるのでは?と思っております。 

そんなに浸透してきているヨガですが、知らない人はやはり、日本でもアメリカでも、躊躇する事が多いよう。 その大きな理由としては:

① 体が硬い
② 若くない
③ ヨガって、座ってぼーっとするだけで運動にならない
④ 女性ばっかりで、男性にとっては肩身が狭い
⑤ これって、宗教?

などがあげられるように見受けます。 

①の体の硬さ! これね、マジで硬い人の方が、その効果を体感できてバッチグーなのですよ。 雑誌などで見る写真や、クラスの先生のお手本、そして体の柔らかい生徒さんを見ていると、「自分には絶対無理!」って思いがち。 でもね、ヨガって、その人その人で「完璧」なポーズって異なるんです。 10人いたら、10人とも違う体を持っているわけです。 人それぞれに個性があるように、ヨガにも個性があります。 ヨガに必要なのは、オープン・ハートと好奇心!だと私は思ってます。

②の年齢ですが、やはり①の体の硬さと同じように、様々な年齢の方がこの世にはいるわけです(あたりまえや!)。 で、ヨガって、それこそ小さなお子様から100のおばあちゃん、おじいちゃんまで、みなさんに楽しんでいただけるものだと、私は硬く信じております! もちろん、100のおじいちゃん、おばあちゃんにいきなりバックテンのようなアサナは出来ますまい。 でもそれだけがヨガぢゃございません。 椅子を使って無理なく出来るポーズもたくさんあります。 ヨガに年齢は本当に関係ないのです。

③ヨガって、運動にならないとお思いの方。 是非一度、アシュタンガ・ヨガ、またはビクラム・ヨガをお試しください。 お話はそれからという事で。。。

④是非、ヨガは男性にもやっていただきたいです。 確かに女性ばかりのクラスっていうのは、入りづらいものがあるかも! そんな時は前もって、先生が男性のクラスをチェック! ヨガがいかに男性的な用素を強く含むものかをお分かりいただけるのでは? と思います。 

⑤確かに宗教色が強いものも中にはあるのかも。 けれどヨガ=宗教ではないのですよ。 しいて言えば、ヨガ=ライフスタイルなのです。 ヒンズー教がヨガを取り入れているので、ついヒンズーの神様のたとえ話などは良く出たりはしますが。。。それでも今ほどヨガが広がると、全くそういった宗教色のないスタジオもたくさんあります。

そして私のプラクティスですが。。。ヨガをやればやるほど、私って、本当に初心者だなぁと再認識してしまう今日この頃。 初心忘れべからず、とはよく言ったものです。 

追伸: ⑤はsymzakさんのコメントを頂いてから付け足させていただきました~! ありがとう、symzakさん!
[PR]
by takusukila | 2005-06-22 07:46 | ヨガ | Comments(60)

ミュージック・バトンだって!

え~っと。 なんでも「ミュージック・バトン」なるものを『ロサンゼルスな理由』のdaidai_LAさんから渡されてしまいました。。。 これって、チェーン・メール?って感じもしないわけではないのですが、なかなか面白いかなぁと思ったので、バトンキャッチ!

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
0だわさ。 
音楽はあまり聴かないので、ダウンロードすることもなしです。 聴くときはCDで。

Q2、今聞いている曲
以前にもブログで紹介した、YanniのThe Very Best of Yanniに入ってる曲全部。

Q3、最後に買ったCD
KEANEのHOPES & FEARS。 夜のトークショーで、Somewhere Only We Knowを唄ってるヴォーカルの姿と声に一目&一聴惚れ。 胸にキューンときましたです。 Amazonで即購入しました。(こんな事って、もうン十年ぶり)

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
というのがオリジナルの質問ですが、1~3まではよく聴くCDを紹介します。

1.The Very Best of Yanni
とにかく良く聴きます。 ダイアンから処方されたからってのもあるのですが、本当に「気」が和み、全てを洗い流されるような感じなのですよ~。 落ちこんだとき、嫌な思いをしたときなど、必ずかけます。

2. Born by Bond
こちらも以前紹介したものですが、本当に元気が沸いてくる1枚です。

3. Cho Ku Rei と Sei He Ki by Weave
これまた、ダイアンから処方されたもので、霊気の音楽なんです。 自分の芯に戻りたいとき、「気」を整えたいときに聴くCDです。 (2枚別々で売ってます。 どちらかと言うと、Cho Ku Reiの方をよく聴きます。)

4. 「ギザギザハートの子守唄」 byチェッカーズ
やっぱりこれって、私の青春時代を代表する曲かなぁ~。 あ、最近は全然聴いてないですけどね~。 思い出の曲ですね。

5. 「フレンズ」 byレベッカ
こちらもやっぱり、青春真っ只中に流行った曲です。 唯一カラオケで私が歌える曲(爆!)

でね、このバトン、5名のラッキーな方にタッチしなくちゃダメなのよぉ~! うらまないでね~、タッチされたみんな! (爆)

やっぱり素敵な贈りものを頂いたお返しは、ちゃんとしなくちゃって事で、まずは胸キューンななぼなちゃんのママ、dauちゃん。

最近音楽関係の記事を載せてたばかりだけど、やっぱりこのお2人のお腹を抱えて笑ってしまうほどのユーモアのセンスがどこから来たのかを探るため(???)ハヤテ姫とゲンマ王子の小間使い、アザラシーズちゃま!

この方なしで、音楽は語れません。 ありとあらゆる分野にその才能を知らしめて止まない、我が尊敬すべきえゐち殿

このミュージック・バトンで、少しでもその謎多き実態(?)を知ることが出来れば。。。年齢不詳のつきのわぁぬ嬢

そしてやはり、最後を締めくくっていただくのは、音楽専用ブログをも持ってらっしゃるこの人! ガブちゃんのママ(?)みぃちゃん

エンディング・テーマ:
♪うらみっこな~しでぇ~、わかれましょうね~♪ (あれ... このあとなんだっけか?)
[PR]
by takusukila | 2005-06-20 13:25 | 音楽 | Comments(36)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧