<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

拓は贅沢?

拓の主食を生の鶏肉にしている話は先日もちょっと触れましたが、どうやら彼は、鶏肉は鶏肉でも、胸肉がお好みのようです。

先週はずっとモモ肉(オーガニックのスーパーで購入した、ホルモンやら抗生物質を使わず飼育された鶏肉です)をあげてたら。。。 食いつきが、超悪い。 しばらく待って、他に何も出てくる気配がないから、仕方なく食べるって感じ。 先日はオーガニックのレバー(レバーと食べない私が見ても、新鮮そうで美味しそうだった!)も出してみたけど、見向きもしませんでした。

で、今日のお昼、胸肉に戻したら、すっごい勢いで食べる、食べる!あのぉ。。。。。。胸肉って、モモ肉の倍くらいするんですけど、お値段。 で、私自身は値段に関係なく、モモ肉の方が好きなんですよね。 でも拓はどうやら、胸肉の方がお好みのようです。 

そうそう。 今朝、拓がうちに来て初めて、毛玉を吐きました。 それも1度目で毛玉を吐いて、そのあと3回、胃液を吐いて、ちょっとびっくり。 でも気がつくと、あげたご飯は全部食べてたので、心配する事はないかな。  インターネットで調べてみると、バターをティースプーンの半分くらい(この場合のティースプーンはアメリカサイズなので、日本のティースプーンの大きさだと、1杯くらいかな)、週2~3回上げると毛玉防止になって良いと書かれてありました。 試してみようかな。 あ、でも家にあるバターは塩が入ってるので、塩の入ってないバターを買ってこなければいけないのかしら? 

b0052192_11302394.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-28 11:33 | | Comments(66)

およばれ@ミキさんご夫婦宅

昨日、金曜日は5時半のリッピーのクラスを取ったあと、ミキさんとスティーブンさん宅へお邪魔して、とっても美味しいディナーをご馳走になりました。 その様子はこちらで。

食事は本当に、めちゃくちゃ美味しかったです! スティーブンさん、お料理めちゃくちゃお上手でした。 で、ミキさんが作ってくれたサラダも、今まで食べた事のない組み合わせが新鮮で、ドレッシングもさっぱりしてて、すっごく美味しかったです。 おかわりしたのは、言うまでもございません。 (「遠慮」という文字は、私の辞書の中からなくなってきつつあるようです。。。)

ミキさんとスティーブンさんの舞台の裏話など、面白いお話をたくさん聞かせていただきました。 お2人ともユーモアのセンスたっぷりで、きさくで、とっても素敵なご夫婦です。 

で、写真ですが。。。私もミキさんも、『ブロガー』という意識が足りないのでしょうか(ぷぷぷ)、2人とも、取り忘れてしまいました。

次におよばれされたら(と、もう次回を楽しみにしている、ずーずーしい私です)、アップル・ブラック・ベリー・パイを持っていきますね~~~!!!

b0052192_1231368.jpg

ちょっとブれてますが、拓が面白い格好で爆睡していたので、パチリ! 暗いところでフラッシュをたいたのですが、オートフォーカスなので、ちゃんとピントが合ってなかったみたい。 右足が宙に浮いてる感じで、しっぽがそれに巻きついてます。 
[PR]
by takusukila | 2005-03-27 12:33 | 美味しいもの | Comments(26)

パートナー・ヨガ@LEVITATE YOGA

今日は5時半からのエリザベスのクラスと、7時からリッピー率いる、スペシャル・ワークショップ、「パートナー・ヨガ」に参加しました (リンクはリッピーの新しいウェブサイトです。 NYCでの彼女のスケジュールや、彼女のリトリート情報が載ってます)。 Notes from New Yorkのミキさんと、彼女のダンナさま、スティーヴンさんも一緒でした。 スティーヴンさんは、ユーモア溢れる、とっても素敵な人でした。 さすが、ミキさんのダンナさまであられまする。

通常はバレンタイ・デーに行われるこのヨガ、たいがいはカップルで参加して、どちらかがヨガ初めていというパターンが多いとの事。 今回は、LEVITATE YOGAのオーナー、コニーのアイデアで、ヨガを通して「出会いの場」をつくろうというわけで、2時間にわたるワークショップでは、次から次へとパートナー交代! 1人ではなかなか出来なくても、パートナーの力を借りて、普段伸ばせてない部分が伸ばせたりと、すごく楽しかったです。 

でも知らない人とパートナーを組むのは、ちょっと抵抗あったりもします。 相手が毛むくじゃらだったり、ちょっと体臭があったり、汗だくだったり。 そんな汗かくような運動量ぢゃないのになぁと思いつつ、ベタベタ毛むくじゃらの男性にあたっても、「嫌です!」って言えなし(爆!)。 

それにしても2時間あっという間で、リッピーのユーモアをたっぷりのクラスは、又取りたいなぁって思うくらい、良かったです(うん。汗ダラダラ・毛むくぢゃら男とパートナーになってでも!)。

終わったあとで、コニーの友達のアリスが、「今度は可愛い男の子だけオッケーって事にしようよね」って文句言ってました。 思う事は、皆一緒なのね~~~。 ぷぷぷ。

b0052192_1327068.jpg

拓、アクビ姿も可愛いね~。 あ、またレスが遅れてますが、コメントは全て楽しく読ませていただいてます。 いつも皆さん、ありがとう! 
[PR]
by takusukila | 2005-03-24 13:27 | ヨガ | Comments(47)

エカ・パダ・ガラバアサナ

英語でFLYING CROW(飛んでるカラス)と呼ばれているこのポーズ、日本語では何と言うのでせうか...?

右足を腕にひっかける場合は、割と簡単に出来るのですが、左足の場合、ちょっと苦労します。 なんでだろ? 

前屈や又開き類はすっごい苦手なんですが、このようなアーム・バランス類は好きですぅ~♪ ついクラスでリクエストしてしまい、クラスメイトから白い目で見られております。 

アーム・バランスって、筋力というよりも、重心の持って行き方で、下半身を宙に浮かせる事が出来るかどうかが決まってくるように思います。 常に前方へ前方へと意識すると、ある日ふわっと飛ぶことが出来るようです。 でも飛ばなくて、地にはいつくばってるときも、すっごく楽しかったです。 顔から落ちる、あの瞬間がスリリング!(私って、マゾ?) 
b0052192_7541172.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-22 07:55 | ヨガ | Comments(58)

プチ・オフ会@FLUFFだい!

昨日はご近所に住んでらっしゃるNotes from New Yorkのミキさんとオフ会しましたぁ。 

だけどね、写真...ないの。 ゆるぴてぇ~~!!! ちゃんとカメラまで持って行ってたんです、ホント。 でもすっかり撮るの忘れちゃっいました。

お会いしたのはHell’s Kitchenにある、お洒落なベーカリー・カフェ、「FLUFF」で。 

ミキさん、と~っても素敵な方でした! でね、顔と体の幅、私の半分くらいしかなかったよぉ~! う、同じ人種なのであろうか。。。ぷぷぷ。 ミキさんはリハーサルの直後で、私はヨガのクラスの前。 1時間ちょっとご一緒しましたが、もうアッと言う間でした。 ミキさんがクラスに遅れないようにと時間を気にしてくれなかったら、遅刻又はもう行かなかったかもしれないなぁ。 

次回は拓にも会っていただく予定です。 ふふふ。 拓は美人なお姉さんが好きだから、喜ぶだろうなぁ~。 今から楽しみ♪

b0052192_456721.jpg

美人のお姉さん、イツくるのかにゃ~、むにゃむにゃ。。。
[PR]
by takusukila | 2005-03-21 04:57 | 美味しいもの | Comments(34)

拓のおやつ

男の子は、尿疾患にかかりやすいとの事で、あんまり物事にこだわらない私がこだわっているのが、拓の食事。 

拓の猫缶は以前に紹介しましたが、今回は彼のおやつ(アメリカではTreatと言います)を。

向かって左側はThree Dog Bakeryの"We Pity the Kitties Alaskan Salmon Treatで、左がPetguard社のPurrlicousです。

サーモンの方はアラスカ・サーモンをフリーズドライしたもので、添加物は一切なし。 1箱1オンス(28.3グラム)で$5。 Purrliciousの方はチキンや玄米、オートミール、グリーン・ピー、りんごの繊維など、全てオーガニックの素材が原料のカリカリです。 歯石も防いでくれるのだそう。 こちらは3オンス(85グラム)で$5~$7くらいで売られてます。 

拓はどちらも大好き。 手に乗せてあげるより、投げると獲物にみたてて追いかけ、たまに私の元までわざわざくわえてきます。 あと両手でキャッチしようとしたりも。 か、かわいすぎ~~~。 でもその瞬間が私のぼろいカメラでは撮れないんです...。 ごめんなさい。

最近はこの2つをおやつに、そして生の鶏肉(オーガニックのお店で、ホルモンなどを一切使用せずに育てられた、質の良い胸肉を買ってます)を主食にあげてます。 やっぱり猫って元々は野生児だったのね~。 喜んで食べます。 アメリカでは、猫や犬にはRaw Food(生肉です、この場合)を推薦している獣医さんや、動物愛護家が増えているようです。 私も数人に勧められ、オンラインでも調べて、現在トライしてます。 私がよく参考にするabout.comというインフォメーション・サイトがあるのですが、この記事は特に役立ちました。 

拓の毛って元々、すっごく柔らかかったんですが、最近それに輪をかけたようにつややかです。 はぁ。。。惚れなおしてしまふ。

b0052192_3121257.jpg

b0052192_3132411.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-20 03:14 | | Comments(46)

ヨガマット

去年の7月か8月あたりからずっと使っていたJade社のハーモニーという名前のヨガマットが、かなりボロボロになってきたので、これまた去年の暮れあたりに購入したGaiam社のSundial模様のマットを使い始めました。 こちらはデザインが気に入って、衝動買い(笑)。 写真の紺地に緑の模様の方が、私が使ってるマットです。

ハーモニーは天然ゴムで出来ていて、今まで使ったマットの中で、一番滑らないヨガマットでしたが、使っているうちに、ポロポロとカスがでてきちゃって、それが着ているヨガウェアにひっつきもっつきしてきてしまい、マット自体も手や足の位置がかなり磨り減ってきておりました。 でもすごく使い心地が良い上、肌にも環境にも大変優しい素材だとの事で、又次回はハーモニーを購入しようかなぁと思ってます。

週4~5回はヨガをするので、マットはだいたい6~8ヶ月ごとで買い換えております。 今使い出したマットも悪くないのですが、やっぱりグリップ具合がハーモニーに比べて、弱いです。 以前紹介したヨガ・ウェアのprAna社のマットも気になるなぁ…。どなたか、使ったことがある方、感想聞かせてくださいませ~。 ちなみに今通っているLevitateで売っているのはワイラナ社のもので、こちらも気になる私でした(爆)。

b0052192_5312168.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-19 05:34 | ヨガ | Comments(41)

Savion Glover

今日はB.B. King Blues & Club & Grillというクラブで行われた、Savion Gloverのタップダンスを見に行ってきました。

彼のタップ・ダンスは、従来のタップ・ダンスのイメージを覆すものがあり、「天才」って言う言葉は、彼のような人のためにあるんだなぁと、鳥肌物で最初から最後まで、舞台に釘付けでした。 これはニューヨークで活躍するプロのダンサー、ミキさんのブログNotes from New Yorkのエントリー、Classical Savion at the Joyce Theaterでも同じ内容のことが書かれてあり、やはり皆思う事は一緒なのだなぁ~とひそかに感動しておりました。

舞台は何も特別なしかけがあるわけではなく、彼もグレーのパンツに黒のTシャツというラフな格好。 演奏はシンセサイザー、ベース、ドラム、そしてサックスフォーンのみ。 その4人が生み出すジャズの音に合わせて、インプロヴィゼーションのタップ。 1曲目から、滝のように流れ、飛び散る汗。 力強いタップ、人間業には見えない、テンポのむちゃくちゃ速いタップ、そして、脚は動いてないように見えるのに聞こえてくる、確かなタップ音…。 タップだけで、これだけの表現力って…神業ぁ!

先週、テレビ番組にも出てた彼ですが、彼のよさは、やはり生で見ないと、全然わからないなぁ~と思いました。 ビミョウなタップ音って、ブラウン管を通しては、伝わってこないなぁと。 

かのグレゴリー・ハインズ氏に、「今までタップ・シューズを履いたことのある誰よりも、才能のある人。 彼に他のタップ・ダンサーのスタイルは真似できても、他の誰にも彼のスタイルは真似できない。」と言わしめた、Savion。

彼の舞台は、まだ彼がティーンエージャーだった頃に、ブロードウェイでグレゴリー・ハインズと共演したJerry’s Last Jamで見たのが初めて。 それからいくつも、彼の舞台は見てきているけど、1度としてがっかりした事はなく、それどころか、こんな素晴らしいものを見せてもらって、チケットこんなに安くていいの?とまで思ってしまうほど。 ちなみに今日のチケットは$46で、席は先着準。 クラブ自体がそんなに大きくないので、普通のコンサート会場で言うと、10列目ぐらいのど真ん中で見れました。

彼が日本で公演することがあったら、絶対見逃さないでくださいね! タップダンスにそれほど興味がなくても(私みたいに)、彼の舞台を見ると、絶対ファンにならずにはいられないはずです。 はぁ~。 又見にいきたいなぁ。
[PR]
by takusukila | 2005-03-17 12:59 | 思う事 | Comments(22)

パダスティラ・ジャヌラアサナ

ヨガの先生でも、知らない人の多いこのサンスクリット名。 かくいう私も、Yoga Journal に載っていた記事をみて初めて名前を知りました。 その記事を書いた当人のCyndi Lee先生もクラスで「あの記事書いてて、名前知らなかったけど、雑誌社が調べてくれたのよね~。 あ、でも又忘れちゃったけど!」って言ってたくらい、馴染みのない名前です。 

でも実はここニューヨークのヴィンヤサ・クラスで、これをやらない先生はいないんぢゃないかってくらい、み~んなやってるポーズなんです。 英語名はAnkle-to-Knee Poseと言って、くるぶしから膝へのポーズとでも申しましょうか。

このポーズはヒップ・オープナー(股関節を柔軟にするポーズ)の代表的なものです。

まず左足を上にしてあぐらをかいて座ります。 左の足首を右ひざの真上に持っていきます。 くるぶしはちょっと右ひざの右横に出る感じ。で、右足首を左の膝の下に持っていきます。 この時点で左の向こう脛が右の向こう脛の上に綺麗に並んでいるかをチェック。 股関節が硬い人の場合、左膝と右足首の間が大きく開きます。 その場合、タオルやブランケットを間に挟み、隙間をなくすようにします。それでも辛い場合は、したになってる脚を真っ直ぐに伸ばします。 
両足首をフレックスさせ、ゆっくりと上体を前方へ倒していきますが、このとき、足はフレックスさせたままで、足首が内側にずれ落ちることのないように気をつけます。 背中を曲げるのではなくて、あくまで背筋は真っ直ぐと天井へ伸びるような間隔で、上体を倒していきます。 この際、お尻の坐骨はずっと床についたままです。

手の位置ですが、足の裏に掌を合わせたり、また前方の床に腕を伸ばしたりします。私の場合、大変股関節が硬いので、親指をぐっと脚の付け根に押し当て、残りの4つの指は腿の方にまわして、太腿の付け根を手で外側にローテーションさせるような感じで押さえます。こうすると、上体を真っ直ぐ保ったまま、坐骨を浮かせずに前方へ倒しやすくなります。

片側30秒~1分くらいキープして、脚を組みかえて、もう片側へ。

ヨガのポーズには、股関節が柔らかくないと出来ないものがそれはそれは、た~くさんあります。 このポーズは股関節の硬い私が、知らず知らずのうちに、しかめっつらをしてしまう程、その効き目は確か! 皆さんもお試しあれ~~♪

b0052192_6375567.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-17 06:03 | ヨガ | Comments(22)

ベッド

拓の新しいベッド。 PETCOのオンライン・ストアで見たときは、そんなに大きくも感じませんでしたが、届いた箱をあけて出てきたベッドがあまりにでかくて、ちょっとでかすぎたかな?と一瞬焦りました。 サイズは67cmx50cmです。 が…。そう、拓は巨猫でした。 結構丁度良くはまってます。 いつもこうやって仰向けで寝る事が多いので、でかいサイズにしておいて良かったぁ!

b0052192_1248524.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-14 12:51 | | Comments(54)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧