カテゴリ:ライフ・コーチ( 17 )

久し振りに・・・

ダイアンの事は過去に何度も記事にしていますが、最近本当に自分の人生を色々と振り返る機会があり、彼女とのセッションのお蔭で、どれほど豊かで、楽しく、愛に溢れる生活が送られているかを実感しています。

ここ2年ほど、最愛の拓とニューヨークでゆったりまったり二人暮らし。 以前は会社勤めをしていたので、一人暮らしは当たり前でしたが、ヨガを教える仕事を始めてからは、彼と暮らしたり、ルームメートがいたりしました。 NYは物価、不動産が高いため、アパートをシェアする事が多い中、治安の良い、静かで(といってもここ数週間、隣の駐車場が工事中のためすごい音!笑)ひろ~い(あくまでもNYの平均的な狭いアパートの広さ基準。笑)日当たり良好なアパートで、拓と二人で暮らしていけるのは、夢のようです。 

ヨガの仕事も順調で、レギュラー・クラスやプライベートはもとより、2年前に長野で初めて教えた陰&リストラティヴ・ヨガのティーチャー・トレーニングは去年からニューヨークでも開催、来年は何と! 4件のスタジオでの開催が決まっています。 そして今年から全米ヨガアライアンス認定の200時間のトレーニングを宮崎とニューヨークで開催しています。 

数年前の自分には考えられなかった事です。 ヨガで生計を立てる事は難しい、というのがニューヨークでは常識です。 そんな中、ダイアンとのワーク(彼女とのセッションは、彼女に何かしてもらうのではなく、あくまでも彼女の導きで自力で道を拓く感じです。 グーグルマップがなかったら道に迷ってしまうように、彼女は人生のグーグルマップ!笑)で、「家賃稼ぐの大変・・・足りるかな? どうしよう!?」という認識が「自分の人生って、なんて素晴らしいんだろう! お金なんて何とかなるさ!」という認識に変わる事によって、不思議といつも充分に事足りてしまうんですね(笑)。 

彼女とはいつも電話やメールでやりとりしています。
興味ある人は直接彼女に連絡してみて下さい。 
cdiobaあっとgmail.com (あっとを@に変えて)。

流れとしてはメールで問い合わせたあと、Click4というサイトを通じて電話でのセッションになります。 米国内だと1分1ドル、海外からだと1分2ドルのチャージになりますが、ニューヨークで彼女のような人から(とはいえ、正直彼女のような存在は大変稀有だと思います)セッションを受けると1時間$300~$400取られるのが普通です。)1時間のセッションで$60~$120は破格です。 

ちなみに英語のみです。

 



[PR]
by takusukila | 2016-11-02 00:07 | ライフ・コーチ | Comments(0)

リラックスして「今」を楽しむこと!

今さら何を、って感じですが。

明日は存在しないのだから、とにかくリラックスして「今」を楽しむ事。

ダイアンの言葉です。 

ついつい、色々と起きてない事を想像しては悩んでしまうそこのあなた!(私だっ)

一緒に頑張りましょう(笑)。

クラスでは、同じような事をさも分かったような口ぶりで話してますが、あれはあれですよ、自分自身に言い聞かせてるんです。 へへ。 

頭で分かっていても、ついつい、いつものクセであれこれ考えてしまう事ってないですか?

最近の私のマントラは「リラックス&エンジョイ・なう」です(ツィートみたいですが)。

「今」を楽しむことにフォーカスを当ててると、不思議と明日の事は考えないもんです。 

ヨガをやってて良かったなぁと思うのは、こういう自分の習慣とか思考パターンにかなりすぐ気付く事。 気付いたら、上記のマントラを唱えて、自分の心を「今」に戻す。

この作業の繰り返しです。 で、気付くと自然とそういう風に変わってたりするから、不思議です。 

結局、明日の事を心配していると、せっかくの楽しいはずの「今」が台無しになって、そして明日もそれの繰り返し・・・と、堂々巡りになってしまうんですよね。 

最近、別の人からも全く同じ事を言われました。 はい。 リラックス&エンジョイ、精進します(笑)。
[PR]
by takusukila | 2010-09-04 07:52 | ライフ・コーチ | Comments(18)

転機。

ここ1年~2年ほど、大きな転機を迎えてる気がする私です。

人生の師匠と言えるダイアンと出会って、早8年?9年?経ちます。 
何十年も培ってきた、自分のためにならない考えや、行動、そういったものは1日2日、1週間2週間、1ヶ月2ヶ月、1年2年で軌道修正されるワケはなく(笑)。 

でも、確実に、確実に、昨日より今日、先週より今週、先月より今月、去年より今年、という感じで、自分の人生が幸せで、愛と笑いに溢れる日々になってきている事は、明らかで。

彼女の教えはヨガと通じるものもたくさんあります。

彼女が出す宿題に時として、「何でこんな事しなくちゃいけないわけー?何の意味があるの?ぜんっぜんワケわかんないっ!」と、ムシャクシャしたりモヤモヤしてりしながらも、彼女を信頼してワークを続けてきて良かったと、本当に思います。

その真っ只中にいる時は分からなかったのですが、全ては「私」が欲しているものを得るための手段であったんだなーと。

その「私」が欲しているものが、例えダイアンが私にとって良いと思うものとは正反対のものであっても、私がそれを強く欲している限り、それは私の人生なんだからと応援してくれた彼女。

ま、結果、何年かかかって、「私」が欲しているものは、実は私にとって最良のものでも、人生を楽しく幸せにしてくれるものでも何でもなかったりするんですが(笑)。 

それはそれで、プロセスだから、よしとします。 自分で選んだ道だから、誰にも文句なんて言えないですしね。 

ダイアンだけでなく、私の周りには、私が尊敬し、敬愛して止まない、友人・知人・生徒さん・ブログ仲間がたくさんいます。 彼らにインスピレーションを受け、多くの事を学び、とても豊かで、楽しく、充実した毎日を送ることが出来ているワケです。 

人一人って、そんなに大きな存在に思えない時もあるかと思います。でも、人一人の存在は本当に大きいんですよね。 それは、たとえ近い人でなくても、誰かが急にこの世から去ってしまったときに感じる、虚無感?っていうのかしら?でも分かるのではないかと。

自分ってちっぽけで、誰からも感謝されてないし理解されてない、と、もし思ってしまう日があったら(←これは悟りを啓いてでもない限り、多かれ少なかれ、誰しもあるかと思います)、まず、身近な人や物事に感謝し、理解を示す努力をしてみたら、どうかな?と思います。 そうすると、いつの間にか、ちっぽけな自分の事なんて忘れてしまってたりするわけです。

私たちって、一人一人別々な人間であると同時に、すごく深いところ、目に見えないところでつながってるんだと思うのです。 

ダイアンからの教えは、私だけに留まらず、私が接する人、直接的&間接的に、全て伝わっているところがあるのでは?と思うわけです。 

って、あれ?私何が書きたかったんだろ?

あ、そうそう。 転機ね、転機。 

英語ではleap of faithという言葉あります。 日本語で一番近いのは「清水の舞台から飛び降りる」でしょうか。 

結果が分からなくても、やっている意味が分からなくても、誰かを、または何かを理由なしで信じて、身を投げてみることも、人生大切だなぁと。 

そしてその勇気を持つことによって、転機が吉と出るか凶と出るか、決まってくるように思います。 

とはまぁ、色々書きましたが・・・(笑)。

人生はバクチね、っていうのがオチでした。



ぢゃなくて。 

そうやって勇気を持って全力投球することで、必ず良い結果が自分にもたらされる、というのが、言いたかったのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by takusukila | 2010-08-24 07:32 | ライフ・コーチ | Comments(16)

宿題

昔から、どうも苦手な言葉・・・
宿題とか、Assignmentとか。 

なので、ライフ・コーチのダイアンから、とある音楽アルバム(約1時間15分)を聴きながら、口呼吸をする、という宿題を出された瞬間、(洗濯しながらとかやればいっか)←心の声。

ダ: 「洗濯しながらとかダメよ」(え?完全に読まれてる、私の思考パターン???)
私: 「朝、仕事に行く地下鉄の中で半分聴いて、帰りの残りの半分聴くとかは?」
ダ: 「ダメ」
私: 「寝ながらとかは?」
ダ: 「ダメ。 ちゃんと座って、コンピュータや携帯消して、音楽をしっかり聴きながら深く口から呼吸すること」
ダ: 「トイレや飲み物取りに立つのもだめだからね。 ちゃんと座る前に用を足しておきなさい。」
私: 「そんな口呼吸なんて、口や喉が乾いちゃうよ」
ダ: 「水を傍に置いて飲みなさい」
ダ: 「拓とも遊んじゃダメだから」
私: 「・・・・・。」

というわけで、自分を奮い立たせるために、まずは形から入りました。

b0052192_1164240.jpg 


キャンドルナイト・ヨガでもやろうかしら?と、先週たまたま購入したガラスのキャンドルホルダーを初使用(節約月間はどうなった?)。 
キャンドルを点火している間に、拓にクッション、のっとられました。 
お供は冷麦茶♪

b0052192_1182166.jpg



b0052192_11839100.jpg



うーーん、可愛い♥

でも、ダイアンとの会話を聞いていたのか、私が拓の横に座って音楽を聴き始めると、部屋からすっといなくなりました。

音楽を聴きながら口呼吸している間、1度だけちらっと様子を見に来ただけで、それ以外は全く戻ってこず、最後の曲の残り1分きったあたりに、気がついたら拓がちょっと離れたところで、お出迎え。 

偶然かもだけど、すごすぎません、拓?(笑)

それにしても、ちょっとニューエイジーな感じのセットアップでしょ? 
すぴりちゅある系に全然と言って良いほど興味のない私ですが、キャンドルの光は良いですよね~。 

b0052192_1113325.jpg



いやぁ、メディテーションにある程度慣れている私でも、1時間15分口呼吸ってのは、ちとしんどかったです。 
[PR]
by takusukila | 2010-07-13 11:16 | ライフ・コーチ | Comments(8)

久々にダイアン@ライフ・コーチの話題など・・・。

さて。

最近またダイアン@ライフ・コーチとのセッションを再開してます。 
彼女とはもう随分長い付き合いになります。 (彼女に関する過去記事はこちらから)
普段でも、ちょっとメンテナンス感覚でお話する事はあるのですが、今回はしっかりと、「ワーク」です。

自分でも気付いてなかった、心の奥底にある、不幸の原因(笑)を指摘され。

いや、全然自分で「私は不幸だわ~!」とか思ってはないんですよ!
普段の私を見てくださってる方は分かると思うのですが・・・。
自分でもなんて恵まれてるんだろう!幸せなんだろう!と思う事が殆どなのですよね。 

でも。

大雑把に言うと、「充分に足りている」という事を私は心底理解してないらしい・・・(笑)。

昨日の記事でも「あ、こっちのスタジオ安いから、どうしよう? 2つのスタジオに所属するほどお金を使うのは無駄遣いぢゃないか・・・私の身分でそんな事をしてはいけないのでは・・・」なーんて考えてしまうのですが、それが、「足りてない」事にフォーカスをあてているという事で、そういった風に自分がフォーカスを当てる事が、人生どんどん増えていく、と。

なので、良いことにフォーカスをあてると、それがどんどん増えていき、悪いことにフォーカスをあてると、そちらが増えていく、という仕組みらしいです。

いや、それは頭で分かってるんですが、頭だけでなく、心から信じ、実践するのって難しかったりしますよね。 

それを、「ワーク(work)」するわけです。 

彼女とのセッションは、本当にすっごいパワフルで、毎回目から鱗な発見があったり、またちんぷんかんぷんな事があったり(笑)。 でも、最終的にいつも必ず、より幸せな、より楽しい、より満たされた結果がもたらされるので、私自身は絶大の信頼を置いてます。

彼女ががいなかったら、デイ@相方と一緒になる事もなかったし、拓と一緒に暮らす事もなかったし、ましてやヨガを教える事なんて、絶対と言ってなかったのでは、と思います。 

そして、今住んでる場所もそうですが、去年引っ越す前に間取りを説明し、写真を送った際、「スタジオに出来るぴったりのアパートね」と彼女に言われたのも、自宅スタジオを開く後押しになった事は、言うまでもありません。

彼女とのセッション、または彼女が何なのか、というのを説明するのはとても難しかったりします。

彼女が生まれながらにもっている才能と、天才レベルの頭の良さと、自分の人生経験&色んな分野を深く学ぶ事によって生まれた、彼女独特のセッションです。 

彼女がすごいのは、自分で気づいてなくても、ハートの部分、つまりは本質の部分で何を欲しているか、ずばり見抜くこと。 そしてそれに基づいて、どういう風にしたら良いのか、というのを的確に指示してくること。

ただ、どんな私が良い!と思っても、相性って絶対あると思うのです。 なので、私にとって最高の師匠&コーチだから、これを読んでるあなたにとって最高の師匠&コーチになるとは限りません。 

多分、彼女と相性の合う人というのは、自分の人生を本当に豊かに幸せにするには、あらゆる努力を惜しまない人かなぁという気がします。 彼女と話すことで、彼女に幸せにしてもらおーっと!と思ってる人は、多分彼女と話しても????となってしまうかも。 

なので、これから彼女と一緒に「ワーク」する方、グッドラック!(笑) 私に出来ることがあれば、何でもお答えしますので、遠慮なコメントくださいね。 

b0052192_8143972.jpg


久々に携帯で撮った拓。 
ダイアンが取り持ってくれた仲だから?かどうかは分かりませんが、彼女と電話でセッションしている時、拓は私の体にべとーーーっとくっついてきて、よだれを垂らしながら(笑)、ゴロゴロゴロゴロゴロゴロと上機嫌。 普段私の上半身に自分の体をくっつけてくる事はないのに、ダイアンとのセッション中は、私のお腹に顎を乗せたり、自分の体をぴたーーーっとくっつけてきます。 他の人と同じ体勢で話してても、そういう事は全くなし、なので、これもダイアンとセッションをする楽しみの1つ(笑)。 っていうか、そんな拓にデレデレになって、彼女の話を聞き逃す事も・・・(爆)。 「あ、ごめんなさい。 拓があまりに可愛くて、今なんて言ったのか聞いてなかったです」って事も、しょっちゅうです(笑)。
[PR]
by takusukila | 2010-03-18 08:12 | ライフ・コーチ | Comments(12)

自分である事を愛する、というのは

自分を愛する、のとは違うのだそうです。

英語で言うと、"I love being myself"と"I love myself"の違いになるわけです。

微妙なニュアンス・・・ですよね。 

自分を愛してあげる、とかってよく聞く言葉ですが、これではナルシスト系の愛し方になるとかならないとか。 

自分である事を愛する、というのは、自分の人生を愛し、楽しみ、謳歌する事につながるとかつながらないとか(笑)。

随分前から聞かされてる事なのですが、最近ようやく、そのニュアンスの違いが分るようになってきたように思います。 

ダイアン@ライフ・コーチと出会って8年。 いやぁ、奥深いです。 
[PR]
by takusukila | 2009-12-12 07:37 | ライフ・コーチ | Comments(12)

自信。

物心ついたころから、「自信」とは、自分を信じる事なんだなぁと、漠然と思ってたのですが、大人になるにつれて、本当にそうだなぁーと(何を今さら。笑)。

結局、「うまく行く!」と信じてたらそうなるし、「いい男がみつかる!」と信じてたらそうなるし、「幸せになる!」と信じてたら、そうなる、という事かな? ただこれも、今その状況に「ない」事にフォーカスを当ててると、うまくいかないんだなーーー。 

って、今日はこういう事を書こうと思ったんぢゃなくて・・・(笑)。

私がダイアンを好きな理由の一つに、彼女は「貴女はこうなりますよ」とか「貴女が悩んでる相手は、貴女のソウルメートで、2人は絶対一緒になります」とか、「彼は今貴女のことを思ってるわ! 3日以内に電話がかかるわよ」とか、全然言わないこと(笑)。

以前、サイキック・リーディング(日本語で、えっと、占い師さんとか、天神の母とか?笑)にこっていたとき、皆それなりの能力があるのでしょう、過去のこととかすごく言い当てたり。 なので、「この人がいう事だから、本当だわ!」と、未来の事を聞くと、言われた期間中にそうなったことは殆どなく。

そして、そうやって「未来」のことを聞くことで、そればかりにとらわれ、「今」を大切に、楽しく生きてなかった気がします。

人間誰でもが持っている直感。 私も昔から鋭い方だといわれ(こう見えて・・・笑)、昔は友人達に、「じゃ、これはどうなる?」とか「私の将来、どんな風に見える?」とかって聞かれて、思いつくまま、こたえていた時期もあり・・・(苦笑)。

ダイアンからいつの間にか習っていた大切な事・・・。

それは、それを言う事で、相手が「今」を大切に、幸せに生きる助けになっているか?という事。

そう、なってないんです。

人間、ワラをもすがりたい時って、ありますよね? だから、ちょっとそういう能力がある人や、すごくそういう能力のある人に相談したいって気持ち、とても分かります。

でも、それを聞くことで、本人は「そうなるかもしれない」未来にとらわれ、すぐにそうならないことでまた葛藤し、結局「今」をないがしろにしてしまう事に・・・。

エンターテイメントとしてやるのは一向に構わないと思うのですよ。 でも、所詮他人が言う事に、人生を左右されてしまう人も(思いっきり経験あり!!!笑)多いはず。

私は彼女と出会って、そういうサイキックの人たちや、俗にヒーラーと呼ばれる人たち、そしてスピリチュアルな人たちの助けを必要としなくりました。 必要としなくなったというか、欲しなくなったと言った方が正しいかも。 それまでどれだけ散財したか!(笑)。 そして、「黙っていることの大切さ」を学んだ気がします(彼女自身、そんじょそこらのサイキックなんかより、全然見えている事が多いのですが、その人が「今」幸せに生きる助けにならないと思ったら、一切そういう事は口にしません)。 今の私の癒しは、拓やデイ、ダイアン、ヨガ、そして日々出会いお付き合いをしている皆さんから頂いてます。 それは「癒してもらうぞーーー!」という気持ちがあるわけでなく、どちらかと言うと、「人の役に立ちたい」という気持ちを持って、人と接することで、気がついたら自分が癒されているというか。 

ダイアンとのセッションは本当の意味での「自信」に気付かせてくれる作業のようなものでもあるような気がします。 
b0052192_22375967.jpg

交差させた脚がせくすぃ~~?(爆)by携帯。
[PR]
by takusukila | 2007-09-27 22:38 | ライフ・コーチ | Comments(42)

デイとダイアン。

先日、デイ@相方がダイアン@私のライフ・コーチと電話で初めて話しました。 内容は・・・

全然分かりません(笑)。 

とても狭いアパートに住んでいるのですが、彼が電話で話している声が聞こえないように、私は隣の部屋で音楽をかけてました(本人は私に聞かれても全然オッケーって言ってましたが)。

なんと、3時間! も話してた彼ら・・・。 ダイアン、お疲れ様でした(笑)。 

なんだか、とっても不思議です。 別に彼にダイアンと話してもらいたいとは思ってもいなかったので、この展開には私自身とっても驚いてます(笑)。 

さてさて、どーなる事やら。 なんだかちょっと楽しみでもあります。 と同時に、「期待」はないです。 もしデイがやっぱりダイアンとのセッションは自分に向いてないという結論に達しても、私の反応は「あ、そ。」で終わるでしょう(笑)。 

通り道や所要時間は違っても、きっとみんな、行き着くところは同じなのかなぁと思います。 

デイと一緒になる前は、彼がダイアンのクライアントになったら、どれだけ本人が楽になることだろうと思ってた時期もありました。 でも、そんな考え方はいつの間にか消えていて、「今」の彼が大切なんだと、「今」の彼で良いんだと、心から思えるようになってから、相手に対する期待もなくなり、二人の関係はとてもスムーズになったような気がします。 たとえその「今」の彼が、だらしなくて、情けなくて、頼りなくて、全然私が勝手に頭の中で思い描いていた彼と違っても(笑)。

ヨガでもそうなんですが、ヨガでなければいけない理由なんて、どこにもないのです。 たまたま私がはまったものがヨガだっただけで、それは人にとって、空手かも知れないし、サルサかもしれないし、太極拳かもしれないし。 

そしてそういったものと出会わなくても、同じぐらい、あるいはもっとハッピーに人生を送っている人はたくさんいると思うし。 

「正しい道」なんて無いと思うのです。 たくさん道はあって、あとは自分が選択するのみ。 でも道中やっぱり、ガイドがいると、回り道せずに近道に導いてくれたりしますよね? ダイアンとは私にとって、そういう人です。 でも、回り道したから、とっても素敵な景色に出会う事だってあるし。 だから、人生の中で、ヨガがあるとか、ダイアンがいるとかってのは、本当はどうでも良い事なのかも(笑)。 

とはいえ、「私」はヨガがあって、ダイアンがいて、そして拓とデイモンが私と人生をシェアして(一緒に歩いて)くれてる事が、とても嬉しく、とても幸せだと感じるのですけど(笑)。
[PR]
by takusukila | 2007-02-21 13:59 | ライフ・コーチ | Comments(24)

ダイアンという人。

私のライフ・コーチという事で、何度かブログにも登場しておりますが(紹介記事はこちら: ただ現在はKeenではセッションやってないので、興味ある方は彼女のHPからどうぞ。)、彼女とのセッションがどのようなものとかというは、書いた事がありません。 というのも、どのように説明していいのか、ちょっと分からなかったりするのです(笑)。 ただ単に、おしゃべり&世間話をしていると感じる時や、彼女自身の身の上話だったりする事も。 でも、一見自分の事や、コーチング、カウンセリングとは何の関係もないようにみえて、実は彼女のする事全て、その裏に何らかの理由がない、という事はないのです(笑)。 

彼女とのセッションは通常のヒーリングとかカウンセリングとか、サイキック・アドバイスなどと言うカテゴリーでは説明できず、私も人に彼女の話をするときに、怪しげに聞こえないか、言葉を選んでしまう事があります(笑)。 

ダイアン自身は2度の臨死体験者で、だからどーした、って言われたらそれまでなんですが(私もイマイチ分かってないし。爆)、彼女のユニークなところは、そういう精神世界の話を物理的・化学的にも勉強しているという事。 宗教の知識(というか、宗教を基盤にした人格構成みたいな感じ?)も豊富だし、彼女の元々のそういった力(どういった力?)、ヒプノセラピー(催眠療法)、エネルギー・ワーク(人間に限らず、万物がエネルギーの塊であることは物理学でも証明されているところですが)を組み合わせ、彼女のならではのヒーリング法というのでしょうか。

私はある意味、彼女のことを「師」だと思ってます。 「師」がいなくても、最終的には同じ結果に行き着くのかもしれません。 でも「師」がいる事によって、例えば20年かかる道のりを、2年で到着できたり(笑)。 

こんなふうに信頼できる人と出会えた私は幸せだなぁと思います。 彼女と出会ってすでに5年の月日が経ってます。 当時は数日置きに電話してデイモンの話を聞いてもらったり泣いたり叫んだりしてましたが(爆)、今はその回数も2週間に1度だったり月に1度だったり(しかもデイモンの話殆ど出てこないし、泣き叫ぶことも皆無。 笑)。 今は毎日楽しくお気楽に暮らしてるので、そんなに悩みがないというのも、セッションが少ない理由のひとつですが、やはり、彼女の凄いところは、本人が自分で解決出来るようにもっていくところかなー。 そして、悩みはないけど、彼女と話したい!という時に電話してます。 でもそういう時も、かならず何らかの発見があったりするんですけどね。 

彼女とセッションし始めの頃は、何でも彼女に聞いてました。 何かのクラスを取るのでも、どこかに行くのでも。 それは決して自分で判断できないからではなく、彼女の意見を、彼女の知識を、彼女の能力を信頼し、尊敬しているから。 

時には反抗する事もありましたが、必ず痛い目を見るのは自分だったり、「嫌だなぁ。そんなことやりたくないなぁ」と思いつつも、とりあえずダイアンに言われた通りやってみたら、素晴らしい結果が得られたり。 そういう結果を重ねていったからこそ、今の信頼関係があるのかも、です。 でも、誰かをどこかで信頼するというのは、一種の賭けでもあるのかな? 

時には怒りまくって電話をガッチャン!(って最近の電話&携帯は切れないけどさ)と切る事も(あ、勿論私が、です。 彼女はそんな事しません。 爆)。 大声で言い争い(っていうか、勿論私が一方的に、です。)になった事も1度や2度ではありません。 いやぁ、それなのに、よく見捨てないでいてくれてもんです。 彼女の懐の深さが分かります(笑)。 

彼女と出会ったとき、私は一体何を欲しているのか、を聞かれました。 「デイモンと一緒になって、仕事せずにヨガ三昧すること!」が、私の答えでした(浅くてごめんなさい。笑)。 5年後、まさかその通りになっていようとは、本当に当時は夢にも思わなかったです(かなり絶望的な展開だったんですよ、奥様)。 

というわけで、最近ダイアンのことを書いてなかったので、ちょっと自分の記録としても、そして人に聞かれたときにちゃんと答えられるように、文章にしてみました。 
[PR]
by takusukila | 2007-01-31 01:55 | ライフ・コーチ | Comments(22)

でましたよ、お次の課題。

最近、時々またセッションをしてもらっているライフ・コーチダイアン

今日出た、次の課題、何だと思います???

『空手を習うこと』

ええ、彼女の課題は今までにいくつかあって、ヨガのティーチャー・トレーニングを受けたのもそのひとつ。

さてさて。。。

ベセスダに来てから、うちの近所にある道場が何故か目についてとても気になっていたのですが、はこういう事だったのね(笑)。

この道場は沖縄の『流手』という空手を教えているところだそうです。 き、聞いたことないけど、ちょっと面白そう? 

さっそく来週からレッスンを取りなさい、といわれております。 ぷぷぷ。 運動オンチな私だけど、大丈夫かしら?
[PR]
by takusukila | 2006-02-12 06:58 | ライフ・コーチ | Comments(38)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧