カテゴリ:ヨガ( 348 )

仕事サボっていざヨガへ! OM YOGAの巻

今朝は、超久しぶりに仕事をサボってリッピーのヨガのクラスへ(いえいえ、仕事サボるのは久しぶりでもなんでもないんですが、彼女のクラスへ行くのが2,3ヶ月ぶり)行って参りました。 ユニオン・スクエア近くにある、Strandという古本屋さんが入っているビルの上6階にある、OM YOGA。 エレベーターを降りたらそこはもう別世界です。( www.omyoga.com) 週日の朝10時だというのに、クラスは結構込んでいて、25人ほどの参加者。 リッピーも入ってくるなり、「あらまぁ今日は人多いわねー。 選挙だからみんなもしかして会社休みとか? なわけないわよねー。」 とまず一声。 生徒の一人が、「そうそう、会社には投票するの、4時間もかかっちゃったって言い訳すんのよー」 ははは。 んなかかわるわけないでしょ、って事でみんな笑顔。 「みんな仕事さぼちゃってー。 私知らないわよ!」というリッピー。 25人中1人だけが初めて彼女のクラスを取るようで、目ざとい彼女はその彼に自己紹介。 でクラスは始まるわけですが、クラスの中で1人正座ずまいをしている私をちらっとみて、 「そうね。 まずはヴィラサナ(Virasana)からはじめましょう。」 という彼女の一声で、クラスが一斉にVirasanaを取ります。 そこで彼女が冗談を交えながら、自分ちの庭の園芸の話だのしはじめます (彼女は夏の間、クラスに自分の家で取れたトマトやきゅうり、ズッキーニ、菜っ葉など、いろんな野菜を持ってきて生徒達にあげます)。 「庭仕事をしていると、この世の中には、不変という事がないという事を、思いっきり実感します」などなど、ふむふむと、妙に心にグっと来る事をそこかしこに入れてくる彼女。 

クラスは流れるように立て組まれていています。 Flow という言葉がぴったりのクラス構成。 でも彼女のクラスはいつもどこかしら違っていて、毎回新鮮なのです。彼女の創造性の豊かさでしょうか。 これがGreatな先生と、Goodな先生の差なのかなとも思います。 今朝のクラスはアドバンスだったので、先生やってる人が多いのです。 彼女はまさにインストラクターのインストラクター! 私はいつも隠れるように後ろの列(クラスは先生の方に向くのではなく、2列づつ、生徒が向き合う形を取っています。 私は正面向いてやるクラスより、クラスメートと向き合うこの配置が好きです)のさらに端っこの方にいたのですが、鷹の目のリッピーから逃げる事など、出来はしないのです。 でアーダ・マチアンドラサナ(ねじりのポーズ)を取ってるとき、ふと私の意識が他のところに行っちゃったんですよ。 で、いきなり、優しいけどしっかりとした声で「マサコ、背筋をもっと伸ばして、手によりかからないで。 下腹を引き締めて、右肩をオープンにして。」と細かい指示。 ひえー。 一気に飛んでた意識が戻ってきましたさ。 彼女は1人の人に調整を入れるときでも大きな声でクラス全体が聞こえるように何をどう直しているかを言ってくれるので、彼女が直接調整してくれてなくても、自分で彼女の指示を聞きながら、調整バンバン入れていきます。 

1時間40分のクラス、上級者向けなので当たり前ですが、ポーズが難しいにゃん! ひぇーと思ったのは、ゴムカサナ(牛の顔ポーズhttp://www.yogajournal.com/poses/689_1.cfm )を取ったあと、手をほどいて前の床に腕をつき、足はゴムカサナのままシアシャサナ(ヘッドスタンド http://www.yogajournal.com/poses/481_1.cfm )と言われた日にゃぁ、「へへへ」と笑うしかなかった私。。 とりあえずゴムカサナの足はほどいて、通常に足をまっすぐ伸ばしたままヘッドスタンドへ。 で、ここから、足を後ろ向きにドロップバック。 いやぁ、アシストしてもらえると安心して足を後ろに下ろせるのですが、一人だと、怖いですねー。 床はすぐそこだって分かってるけど、恐怖心が先にたって、下ろせませんでした。 ちなみにドロップバックしたあとは手と頭のてっぺんはヘッドスタンドを取ったときのままの位置で、そこから足をつけたままお尻をうかせる、ブリッジポーズの変形(名前あるんですけど、私には????です)。 

超難しいけど、やっぱり彼女のクラスは最高でした。 
[PR]
by takusukila | 2004-11-03 05:10 | ヨガ | Comments(4)

ウジャイ・ブレス

毎回、必ずと言って良いほど、ヨガのクラスの始めに言う事は、"keep breathing (呼吸を続ける事)" そして"Listen to your body (自分の体の言う事を聞いてあげる事。)" 私が「このポーズを取ってください」と言ったからと言って、なんでも自動的にするのではなく、自分の体に聞いてみてから、判断してね、という意味です。 呼吸を続けるってのは、「そんなん、あたりまえやん!」って思うかもしれませんが、意外と難しいポーズだったりすると、息を止めてる瞬間があるの、お気づきでしょうか? 私は自分がクラスを取るときは必ずウジャイ・ブレスです。 たまに私一人がダース・ベーダーのような音を出している事もあり、「隣の人にうるさいかなー」と思いながらも続けます。 ウジャイ・ブレスをする事で、その音と呼吸に神経が集中でき、心を無に近い状況に持っていく事が可能になります。 皆さんも試してみてください。 ウジャイのやり方は、まず口をあけて、「ハァー」とガラスに息を吹きつける感じで、音をだしながら息をふき出し、それが出来たら、次は口を閉じて同じ音をだすように息をしてみてください。 スター・ウォーズのダース・ベーダーのような音が出ますでしょ? それを息を吸うときもはくときもやってみてみて。 息を吸うときの方が少し難しいですが、喉を狭めて息をする感覚です。 この呼吸法だと、息が長く、一つ一つのポーズを保つのがそれほど苦ではなくなってくるから不思議です。 
[PR]
by takusukila | 2004-11-02 13:47 | ヨガ | Comments(10)

悩める乙女(????)

今通っているヨガ・スタジオ、Levitate Yoga の事は一番最初のブログにも書きましたが、本当に素敵なスタジオです。 クラスも少人数だし、なんと言ってもオーナーのコニーが大変フレンドリーで、みんなをお友達にしちゃうような人。 でもね。。。 実を言うと、先生の質が今ひとつなのです。 先生の質に関しては、コニーにも言ったんだけど、やはりすばらしい先生というのは人気があって、スケジュール的に願いするの、難しいようです。 プラス、その先生が教えているヨガ・スタジオで資格を取ったのなら、なおさら、そのスタジオのスケジュールが優先されるし、あとはプライベートのクライアントとなるわけです。 

今ではお友達のようになってしまったコニーのスタジオを応援してあげたい反面、以前通っていたOM Yoga ( www.omyoga.com ) のすばらしい先生達のクラスが恋しくて恋しくて! そしてまた、私の浮気心をくすぐるように、なんとOMでは今月はスペシャル・セールで6ヶ月間のフリーパスが超破格値の、600ドル! 1ヶ月100ドルの計算です。。。 これはもうすごくオイシイそー。 

というわけで、またまた揺れる乙女(!)の心でありました。
[PR]
by takusukila | 2004-11-02 11:35 | ヨガ | Comments(7)

お疲れ気味。。。

ここ3日間、お客さんのとこの展示会で、9時5時立ちっぱなしでお仕事してました。 拓と離れ離れになるのが一番つらい! いつもゴロにゃんと、一緒にお昼ねしたりしてるのに! で、ずっと長い時間一人で留守番させていたのと、私自身が彼と一緒にいたいのと、足の裏がもう超痛いのと(ついついカッコつけて、3インチヒールはいて立ちっぱなしだったからなー)で、今日はヨガのプラクティスお休み。 家でやればいいんだろうけど、どうも1人でやる気になれなくて。 先生の指示に従って、1時間半何も考えず、無に近い状態でウジャイ呼吸の音だけを追ってる時間が、私は好きです。 以前は週に6日行ってたけど、最近は少なくて3日、多くて5日って感じかなぁ。 昨日のクラスはベーシックのクラスだったのだけど、べカサナ(かえるのポーズ)、バカサナ(カラスのポーズ)、シアシャサナ(ヘッドスタンド)など、これ、初級クラスじゃないっしょーっていうポーズがたくさん。 クラスが終わってから先生が「あなたにもチャレンジングなクラスをと思って、少し難しいポーズをいれたの」と言ってました。 彼女の気持ちは大変ありがたかったけど、明らかに初心者を対象としたクラスで、初めてヨガのクラスを取ったという人たちもいたので、その人たちにちょっと気の毒でした。 先生には、「いや、初心者用クラスという事は分かっていて取ってるので、私の事は気にしないで」とだけ伝えておきました。 よく、「雅子、初心者用のクラスで何やってるの?」と聞かれますが、私はいつでも気持ちは初心者でいたいと思ってます。 なーーんて、ホントは、あまりハードなクラスを取りたくないときだってあるのさ!でも、初心者用のクラスって先生の腕というか才能がはっきり出ると、私は思うのです。 上級になればなるほど、生徒は先生が何を言ってるか瞬時に聞き取り、自分でアジャストメント入れたりできますが、初心者にはそれが出来ません。 だからどういう風にアサナを説明してその人にとって一番適切なアジャストメントを入れていくか、すごく勉強になるのです。 また、ベーシックなポーズの積み重ねが、難しいポーズにつながっていくので、私は基本に戻れる初心者クラスがすきなのです。
[PR]
by takusukila | 2004-10-30 08:59 | ヨガ | Comments(4)

Rodney Yee先生のヨガ・ティチャー・トレーニング

Rodney Yee先生と言えば、アメリカでヨガをやってる人で知らない人がいないくらい有名な先生です。 DVDやビデオでお馴染みな方もたくさんいらっしゃると思います。2005年のYoga Journal カレンダーの表紙にもなっている人です。 その先生の指導するアドヴァンス・ティーチャー・トレーニングに参加する機会がめぐってきました。 彼のワークショップは通常少なくても100人は参加する、本当に超人気者先生ですが、このトレーニング人数30人限定なのです。 5日間、朝の11時から夕方の5時まで、そして夜の7時半から9時半までと、ぎっしりのスケジュール。 早速申し込んだのですが、仕事の都合で参加するのを躊躇してしまっている私がいます。 丁度その週に大事なお客さんのところで展示会があるのです。 私の上司は大変優しい人で、本来10月から12月はヴァケーションを取ってはいけない事になっているのをOKしてくれ、そしてその展示会もカバーしてくれると言ってくれています。 でも私自身が、その寛大な上司にそこまで甘えてはいけない気がしてしまうのです。 私は人にしてあげる事に対しては何の不満も躊躇もないのですが、人からしてもらうとなると、どこか遠慮してしまうところがあり、これって日本人だからなのかなーと。。。 答えはここ数日で自然と出るとは思いますが、今はちょっと、ゆらゆら状態です。
[PR]
by takusukila | 2004-10-29 11:02 | ヨガ | Comments(4)

Maha Mrityunjaya Mantra - マハ・ムリチュンジャヤ・マントラ

ヨガのクラスって、Omで始まり、Omで終わります。 初めて取る人は、このチャンティング、抵抗があったりするみたいですが、私は結構好きなのです。 先生によってはOmのあとに他のチャンティングを入れる人もいますが、結構どんなチャンティングでも、私は張り切って声をだすようにしています。 うまいとか下手とか関係なし。 間違った発音でもいいから、思いっきり声をだしてと教えてくれた先生は、結構年配の、厳しい感じの先生でした。 ヨガスタジオを変えてから、その先生のクラスを取ることはなくなりましたが、今でも印象に残ってます。 彼女がやるチャンティングは難しいものが多くて、このマハ・ムリチュンジャヤ・マントラもその1つ。 でも何故かこれが最初に聞いたときから好きで、でもいったい、どうやって調べていいのか分からなかったのですが、ヨガのティーチャー・トレーニングをやったときに覚えさせられたチャンティングの1つで、そのときは「あ!これだ!」と再会の喜びでした。 

Om Tryambakam Yajamahe (オーム・トライアムバカム・ヤジャマへ)
Sugandhim Pushti Vardhanam (スガンディム・プシティ・ヴァダナム)
Urva Rukamiva Bandhanam (ウルヴァ・ルカミヴァ・バンダナム)
Mrityor Mukshiya Mamritat (ムリティョォ・ムクシヤ・マムリタット)

このマントラは病気や事故から守ってもらいたいときに唱える、シヴァのご加護を請うものです。 人によっては宗教くさいとかでチャンティングはちょっと。。。と思うこともあるようですが、私は宗教とか関係なく、ただ自分の発する音、そしてそこに居合わせた人たちとのハーモニー、そのバイブレーションを楽しんでいます。 何故かしらこのマントラは意味を知る前から心に打たれるものがあり、時々シャワーをあびながら口ずさんでます。 ちなみにこれは毎日唱えるといいらしいですよー。 あと、インテグラル・ヨガでは満月の時にKirtanで唱えられる定番のマントラです。 今晩は丁度満月ですね。 残念ながら仕事の都合でKirtanには参加できませんでしたが、あとからお風呂の時にたっぷり楽しむつもりです。
[PR]
by takusukila | 2004-10-28 10:59 | ヨガ | Comments(5)

リッピー先生

NYではOM YogaとExhale Spaで教えてらっしゃる、とっても面白い先生。 クラスはVinyasaですが、パワーヨガみたいなモンですね。 すごい運動量だと思います。 彼女のクラスは超人気でいつもマットとマットの間10センチあるかないかです。 ニューヨーク・マガジンにも紹介された事のある彼女のクラスは、1度取るとやみつきになります。 ただ単に面白いというのでなく、調整がすごく細かく丁寧なのです。 ヨガってやっぱり誰かに見てもらわないと、自分で正しいアサナ(ポーズ)を取っているのかどうか、分からないときあるじゃないですか。 で、正しいと思ってずっとやっていたので、悪い癖になっているとか。 そういうのを40人のクラスの中でも、鷹の目のようにすばやく見つけて、直してくれるのが、彼女。 今まで出会った先生の中で、一番好きです。 もっと有名な先生のクラスなども取りましたが、やはり、リッピーが最高だなぁとおもいます。 OMのスケジュール表では”Susan Lip"という名前で出ております。 ちなみに彼女はラス・ベガスのショーガールやサーカスのピエロなど過去にやっていたという、面白い経験の持ち主。 年齢は40代半ばでしょうか。 私が年だから(35だ!)かしら、年上の先生のクラス取るの、好きです。 年配だから優しいクラスかというと、とーんでもない! です。 彼女、OMではAdvanced(上級)とIntermediate(中級のクラスを教えてますが、ExhaleではBasic(初級)も教えているようです。 私はExhaleには未だ行った事ないですが、そのうちに行ってみようと思います。
Om Yoga: www.omyoga.com
Exhale Spa: www.exhalespa.com
[PR]
by takusukila | 2004-10-27 02:05 | ヨガ | Comments(0)

ヨガ大好き!

で、週に4-5日は行ってます。 最近よく行くようになったのはLevitate Yoga。 オーナーのConnieはすごくフレンドリーで美人さん。 スタイル抜群なのね。 スタジオは2つあって、風水を取り入れているせいか、すごく落ち着く感じ。 受付のスタッフもいつも感じいいし、本当にヨガのコミュニティーって感じです。 新しいスタジオなので、クラスも少人数。 スタジオの為を思えばもっと人に入って欲しいけど、いつも2人から7人くらいまでも少人数でのヨガは、先生の目も行き届いて、大変快適です。 www.levitateyoga.com でチェックしてみてね。
[PR]
by takusukila | 2004-10-26 02:06 | ヨガ | Comments(10)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧