カテゴリ:音楽( 6 )

今さら・・・な感じですが、レディ・ガガ

昨日久しぶりに(汗)、yoga with herの動画撮影&アップしてたところ、どこをどうしたのか、自分でも覚えてないのですが、なぜかLady GaGaのインタビュー動画をオンしてしまい(笑)。

いやぁ・・・。

名前だけは聞いたことがあったのですが、顔も歌も知らなった私。 

インタビューでの彼女は、その奇抜な格好とうらはらに、とてもリアルで真摯な感じを受けました。

で、彼女のPVを見てみたところ・・・。

うわっ!すごっ!

でそれから数時間。 ええ、はまってしまいました(笑)。 

軽妙な音楽でノリ易く、そしてメッセージの性の高いうた。 23歳にしてこのすごさ。 圧倒されます。
歌作って、歌えて、踊れて、このヴィジュアル性・創造性の高さ。 

彼女のインタビューによると、自分はもっと若いとき、周りとなじめず、一人浮いていて、辛い思いをした、と。
なので、ファンの子達には、皆、そのままでいいんだよ!と伝えたい、と。 突拍子のない格好しても、誰も認めてくれなくても、大丈夫だから!って。 それが自分の存在そのものを通して、ファンに伝えたいことだ、と。

「ファンが大切です」というのは、ある意味有名人の決まり文句だったりするわけですが、彼女が涙ぐみながらファンを愛してる、という言葉に、私も思わず目頭が熱くなり(笑)。

特にお気に入りはBad RomancePoker Face

ええ、勿論iPodに彼女のアルバム、ダウンロードしました(笑)。 

b0052192_637501.jpg

[PR]
by takusukila | 2010-01-26 06:35 | 音楽 | Comments(8)

遅ればせながら・・・

現在クリスマス・イヴの午後8時40分。

遅ればせながら、クリスマス・アルバムをiTunesでダウンロード中です。
色々と視聴して、お買い上げ~となったのは、David Archuletaという人の"Christmas from the Heart"
b0052192_105133.jpg


この人って、えっと、アメリカン・アイドルの優勝者の方でしたっけか? 
良い声してますねー。 古臭くなくて良い感じ(笑)。

私、以前はずっとバイヤーだとか営業のお仕事で、小売店と関係のある仕事をしていた為、クリスマス準備ってその年の2月ごろから始めて、夏の間にヴィジュアル部の人と相談しながらどうやってクリスマス売っていくーみたいな感じだったのです。 だから、クリスマスが来る頃には、もうお願いだからその音楽やめて~!!!の世界だったんですよね。 なので、クリスマス・スピリットを思いっきり楽しんだ記憶がなく・・・(笑)。

ま、とっかかりは遅かったにせよ、一応これで明日無事クリスマスが迎えられそうです~♪
[PR]
by takusukila | 2009-12-25 10:54 | 音楽 | Comments(6)

最近はまっている音楽♪


以前にもお薦め音楽としていくつかCDを紹介した事があるのですが(過去記事はこちらこちら。) 普段音楽を聞く、という習慣がなく、いまだにipodも持ってないし~(笑)。 あと、私のヨガのクラスではクラスの前後に音楽をかけることはあっても、クラス中は音楽なしです。 音楽聴きながらヨガしたい人もたくさんいらっしゃると思うのですが、私自身があまり音楽を知らないし、どんな音楽をかけていいか?だし(笑)、人それぞれ、好みもあるし・・・。 自分のプラクティスでも、実は音楽ない方が好きだったりします。 音楽を聞きながら、インストラクターの説明を聞き、そして自分の呼吸に意識を持っていく、というのは結構大変な気がします(え?私だけ?笑)。 でも先生によっては上手に音楽を選んで、クラスがより楽しくなるときもあるので、これって本当に個人の選択かなーと思います。

閑話休題。

先日の記事でもちらっと書きましたが、そんな私が今はまっている音楽があります。

ヨガをやっている人なら、名前は知らなくても彼女の音楽は聴いたことがある可能性が高く、インストラクターだったら、CDの1枚2枚は持っているであろう、Deva Premalです。

以前から、彼女の名前は知ってたし、いくつか曲は、ヨガのクラスで聞いたこともあったのですが、6月に受けた妊婦さん向けヨガのティーチャー・トレーニングで、ジャニス先生がかけていたCD2枚がとても気に入り、即購入。 他にもたくさんCDかけてらっしゃいましたが(彼女もクラスの前後に音楽はかけるけれど、最中はかけないとおっしゃってました)、心惹かれず(笑)。

その2枚とは、"The Essence""Love Is Space"です。 “The Essence”ではGayatri Mantra、Tumare Darshanが大好き!  "Love Is Space"ではChidananda、Gate Gateが心に響きます。
b0052192_115144.jpg
b0052192_1162214.jpg

そしてもう1枚、"Embrace"もお買い上げ♪ この中ではShante PrashanteとTeyataというマントラが特に気に入ってます。 
b0052192_1174895.jpg

3枚とも良かったので、最新版の"Dakshinaも注文しました(こちらは未だ届いてないです)。
b0052192_118730.jpg

全然音楽の趣味が一致しないデイ@相方も、結構気に入ってるようです♪
[PR]
by takusukila | 2007-07-19 11:08 | 音楽 | Comments(22)

ヨガ音楽

先日紹介した、Yoga: The Path to Holistic Healthがようやく届きました。 長かったなー。 アマゾンは安く購入できるけど、無料配達を選ぶとえらい時間がかかります。 

今じっくり中身をみてますが、すっごい感動してます。 書店ではざーっとページをめくっただけで気がつかなかったのですが、この本、後半にはさまざまな体の障害や病状に効くポーズが写真付きで紹介されてます。 さすがアイアンガー師!!! 

そしてスポーツ・クラブのクラスで使おうと思ってオーダーしておいたCD2枚届きました。 両方ともアマゾンで「Yoga Music」で検索し、5つ星のものの中から選びました。 ひとつはYoga RhythmでもうひとつはMusic for Yoga and Other Joysです。 ちなみに今回ハイパー・リンクしているのは、米国アマゾンのサイトで、本だと中身数ページを見ることができ、音楽は視聴できるようになっております。

これって個人の好みもあるのでなんともいえないかも、ですが後者、めちゃお薦めです。 前者は正直言って、イマイチ。 多分クラスではかけないかなー。 私は音楽の事はあまり分からないので、直感でしかモノを言えないのですが…。 良いです、Jai Uttalさん&Ben Leinbachさん(笑)。 インストゥルメンタルのみの部分とチャンティングが入ってる部分とあり、最初から最後まで、良いです!(表現力が乏しすぎて、笑えない…)
b0052192_732784.jpg

実は産休に入ったヨガの先生からもShakti RhythmsというShiva Rea監修のCDもコピーしてもらってたんですが、こちらも個人的にはイマイチでした。 彼女の話ではとても人気のあるCDで、クラスでかけると必ず数人からこのCDは何?と質問されるとの事でしたが…。

今回、ヨガ用音楽を紹介しましたが、実は私、自分のプラクティスでも、ヨガ・スタジオや自宅で教える時も、音楽は使わないんです。 音楽って勿論好みもあるし、ある意味、やっぱり集中力の妨げにもなるような気がします(私の場合)。 私自身は、自分の呼吸音と先生の指示のみ聞きながらプラクティスに専念する方が身が入りやすいので、自分が教える側に回るときも、音楽なしで教えてます。

とは言え、今日スポーツクラブのクラスのあと、生徒さんから音楽が欲しいというリクエストもあり、スポーツクラブ側も、それから今産休で休んでる先生からも音楽はかけた方が良いと言われてたので(スタジオの外から聞こえるウェイト・トレーニングの音や音楽を紛らわせるために)、来週は音楽をかけてクラスを行ってみようと思います。

あ、あと『遊戯三昧』のygzmちゃんが教えてくれた、The Language Of Yoga。 こちらも素晴らしい!!! アサナのサンスクリット名を勉強したい人に最適です。 本とCD2枚のコンボなんですが、アサナ(ポーズ)の英語名とサンスクリット名が分かりやすい絵と一緒に載っており、アシュタンガ・ヨガのプライマリーから第3シリーズまで順序を追って掲載されてます。 それからヨガのクラスでよく使われるチャンティングも。 CDにはチャンティングのほか、それぞれのポーズの正確な発音が収められてます。 サンスクリットは響きが大好きなので、私にとって貴重な本&CDです。 ありがとう、ygzmちゃん!

最近、ヨガ関係ショッピングが多いあたくしです。 皆さんからのレッスン料は、このように有意義に使われております(笑)。 
[PR]
by takusukila | 2006-03-20 07:04 | 音楽 | Comments(40)

ミュージック・バトンだって!

え~っと。 なんでも「ミュージック・バトン」なるものを『ロサンゼルスな理由』のdaidai_LAさんから渡されてしまいました。。。 これって、チェーン・メール?って感じもしないわけではないのですが、なかなか面白いかなぁと思ったので、バトンキャッチ!

Q1、コンピューターに入っている音楽ファイルの容量
0だわさ。 
音楽はあまり聴かないので、ダウンロードすることもなしです。 聴くときはCDで。

Q2、今聞いている曲
以前にもブログで紹介した、YanniのThe Very Best of Yanniに入ってる曲全部。

Q3、最後に買ったCD
KEANEのHOPES & FEARS。 夜のトークショーで、Somewhere Only We Knowを唄ってるヴォーカルの姿と声に一目&一聴惚れ。 胸にキューンときましたです。 Amazonで即購入しました。(こんな事って、もうン十年ぶり)

Q4、良く聞く、または特別な思い入れのある5曲
というのがオリジナルの質問ですが、1~3まではよく聴くCDを紹介します。

1.The Very Best of Yanni
とにかく良く聴きます。 ダイアンから処方されたからってのもあるのですが、本当に「気」が和み、全てを洗い流されるような感じなのですよ~。 落ちこんだとき、嫌な思いをしたときなど、必ずかけます。

2. Born by Bond
こちらも以前紹介したものですが、本当に元気が沸いてくる1枚です。

3. Cho Ku Rei と Sei He Ki by Weave
これまた、ダイアンから処方されたもので、霊気の音楽なんです。 自分の芯に戻りたいとき、「気」を整えたいときに聴くCDです。 (2枚別々で売ってます。 どちらかと言うと、Cho Ku Reiの方をよく聴きます。)

4. 「ギザギザハートの子守唄」 byチェッカーズ
やっぱりこれって、私の青春時代を代表する曲かなぁ~。 あ、最近は全然聴いてないですけどね~。 思い出の曲ですね。

5. 「フレンズ」 byレベッカ
こちらもやっぱり、青春真っ只中に流行った曲です。 唯一カラオケで私が歌える曲(爆!)

でね、このバトン、5名のラッキーな方にタッチしなくちゃダメなのよぉ~! うらまないでね~、タッチされたみんな! (爆)

やっぱり素敵な贈りものを頂いたお返しは、ちゃんとしなくちゃって事で、まずは胸キューンななぼなちゃんのママ、dauちゃん。

最近音楽関係の記事を載せてたばかりだけど、やっぱりこのお2人のお腹を抱えて笑ってしまうほどのユーモアのセンスがどこから来たのかを探るため(???)ハヤテ姫とゲンマ王子の小間使い、アザラシーズちゃま!

この方なしで、音楽は語れません。 ありとあらゆる分野にその才能を知らしめて止まない、我が尊敬すべきえゐち殿

このミュージック・バトンで、少しでもその謎多き実態(?)を知ることが出来れば。。。年齢不詳のつきのわぁぬ嬢

そしてやはり、最後を締めくくっていただくのは、音楽専用ブログをも持ってらっしゃるこの人! ガブちゃんのママ(?)みぃちゃん

エンディング・テーマ:
♪うらみっこな~しでぇ~、わかれましょうね~♪ (あれ... このあとなんだっけか?)
[PR]
by takusukila | 2005-06-20 13:25 | 音楽 | Comments(36)

音楽の薦め

私って、あんまり音楽って聴かないんですが、ライフ・コーチのダイアンから薦められたいくつかのCDはよく聴きます。 彼女はクライエントによって、その人が今どのような音楽を聴くのが一番いいかという事まで教えてくれます。 

ミュージック・セラピーというのがあるそうで、科学的にも、音楽が肉体や精神状態、ムード向上の助けになるというのは証明されているのだそうです。 ダイアンによると、音というは波動で、波動というのはエネルギー。 その音のエネルギーが、自分が持っているエネルギーに影響を与えるのだそうで、言われてみれば、なるへそ~って感じな説明です。 

で、彼女から「処方」されたCDの中で、もっともよく「聴きなさい!」と彼女から言われるのが、Yanniの The Very Best of Yanni (試聴はこちらで

初めて彼女にこのCDを聴けといわれたときは、とっても半信半疑。 なんでそんなダサそうな音楽、聴かなきゃいけないのぉ~?! みたいな? (爆!) いやぁ、それがですね。 今では彼女から言われなくても聴くくらい、すっごいお薦めです。 ちょっとイライラしたり、落ち込み気味になると、まずこのCDをリピートでかけまくります。 全てのモヤモヤが洗い流される感じです。 言葉でどう表現していいのか、全く分からないのですが、是非、試しにハイパーリンクしてあるアマゾンのサイトで試聴してみてくださいませ。 

b0052192_9384313.jpg


で、もうひとつは、BondのBornです。 (試聴はこちらで)  Bondはイギリスの超セクシーな女性のカルテット。 4人とも小さい頃からクラシカル・トレーニングを受け、それぞれ才媛の名を欲しいままにしてきていて、その腕は確か。 クラシックをトランスやハウス、ラテンなどにアレンジしていて、一般のカルテットのイメージをことごとく裏切ってくれます(と、こんなふうに書いてる私ですが、クラシックは全然詳しくないので、つっこまないでね~)。 これを聴いていると、もう元気がフツフツとわいてくる感じです。 

b0052192_942211.jpg

[PR]
by takusukila | 2005-03-07 09:47 | 音楽 | Comments(32)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧