クリスチャンという名前のライオン

滅多に動画とかブログに貼ったりしないし、他のブログに貼られてても、見なかったりするのですが(ただ単に、面倒くさがりなだけなんです)。

このビデオは感動しました。

これ、実はちょっと前にここアメリカでかなり話題になったので、在米の方は知ってる人が多いと思います。 

1969年に、ロンドンのハロッズ百貨店の「エキゾチック・アニマル売り場」で、小さな檻に入れられて売られていたライオンの赤ちゃんを、不憫に思い(自分たちのアパートも狭いけど、ここよりはマシだろうという事で)二人のオーストラリア人男性が買い取ります。

引き取ったときは約16キロだったクリスチャン@ライオンの赤ちゃんも、1年後には約84キロに成長。 このままロンドンで一緒に生活するのは無理だと判断し、アフリカの自然に返す事を決めます。

ケニアにある野生保護地区で生活する、野生保護論者である人の助けを借りて、クリスチャンを野生に戻すリハビリが始まり・・・。

その1年後、クリスチャンに会いに、二人の若者はケニアを訪れるのですが、野生に戻ったクリスチャンが二人の事を覚えている可能性は極めて少ないと忠告されます。

で、その時の再会シーンがこのビデオなのです。

いやぁ、音楽がまた、ちょっとクサイいんですけどね~(@Whitney HoustonのI Will Always Love You)、ぴったしに編集されてて(笑)。

前半はロンドンでの暮らしで、後半が再会のシーンです。 

クリスチャンが、この二人の男性に、どれだけ愛されて育ったのかが、よく伝わってきます。

クリスチャンと別れるとき、どんなに辛かったことか・・・(涙)。

そして、まさかの再会・・・(涙涙)。

あ~、久しぶりに静かに号泣しました(笑)。

詳しいストーリーはウィキィ@英語版で。

このお二人、クリスチャンとの事がきっかけで、野生保護に力を入れ始め、現在はWild Life Nowという団体を通して、活動されてるようです。 
[PR]
Commented by emmynyaa at 2008-09-16 08:39
クリスチャンの「会いたかったよ〜」という心の声が聞こえてきそうな感動の再会でした。(涙)
ライオンの甘え方は猫にそっくりなんですね。早く家に帰って、家の子に会いたくなりました。(あんな風には歓迎してくれないんですけどね。)
Commented by ミナ at 2008-09-16 09:58 x
これ、よそのブログでも見たんですが、また号泣してしまった~(ゴォー)
動物にも人間と同じ心があることを十二分に証明しているドキュメンタリですね。何度見ても中に人間が入ってる着ぐるみじゃないかと思ってしまいます(笑)。
何年か前野生のエルザで有名な動物博士が(だったと思うけど・・)可愛がってたライオンに殺されてしまった(野生の血が出たため)ニュースがあったけど、それも時の運なのか、普通のことなのか。このクリスチャンはそういう意味では物凄く自分を救ってくれたAusieの二人への恩を忘れなかったんでしょうね。

それにしてもライオンって巨大化したネコだなーってつくづく思いました。
Commented by chipsalsa at 2008-09-16 10:07
全身で飛びついてハグしてる~。ヘッドハグも、ぜったいに人間の頭を噛んでませんよね。「あ、お父ちゃんの二人だ!」って気付いた時に走り出すところなんて感動ぉぉぉぉ。いや~素敵な映像でした。

お、音楽がちょっと笑えましたが、ははは。

うちの猫にも飛びついてハグするように躾けてみようか・・・。無理だろうな・・・。
Commented by takusukila at 2008-09-16 10:32
★ emmynyaaさま、本当にね~(感涙)。 すっごく甘えん坊でお父ちゃん大好き!な仔ライオンから、体は大きくなって、ほぼ野生に戻っても、育ての親への愛は忘れず・・・。 本当に感動的です。
Commented by takusukila at 2008-09-16 10:50
★ ミナさま、そうそう、その野生のエルザ(っていうんですね。 原題はBorn Freeです)の有名なconservationistである、George Adamsonが、ここに書いた、ケニアの「野生保護論者」なのです。 彼がクリスチャンを野生に戻したんですよ~。 で、彼、ライオンに殺されてないですよ。 ソマリア人の密猟者に襲われていた旅行者を助けようとして、殺されたんです。
Commented by takusukila at 2008-09-16 10:50
★ chipsalsaさま、ね~~! もうちょっと小さいときは、飛びついてハグしてるし(笑)。 猫はこうは行かないですよね~。 そうそう、音楽がくさいんだけど、内容と一致してて、結構泣けるんですよ~(笑)。
Commented by ゆずれもん at 2008-09-16 11:03 x
初めて見ました!
ああ、、、涙。いい涙。
心がホワっと温かくなりますね♡

最近涙もろくって・・・ったく。。。老人になったらどうなるんだ!?
Commented by えゐち at 2008-09-16 15:05 x
雅子ちゃーん!素敵な動画紹介してくれてありがとう!
いやーー!なんかね、ここ最近アタシが考えていることの
一つの形がここに存在していてさ、む~~♪素敵でしたー!
Commented by himegorou at 2008-09-16 21:43 x
な・泣きました・・・。
シェアしてくれて、ありがとうございます。
Commented by takusukila at 2008-09-17 00:07
★ ゆずれもんさま、これ、結構泣けますでしょ? 猫科とはいえ、猫はこんなふうに抱きついたり遊んだりしてくれないぞー!みたいな?(笑) 私も最近、めっちゃ涙腺弱いです~~(ウルウル)
Commented by takusukila at 2008-09-17 00:08
★ えゐち殿、どんなことをここ最近考えていたのかね? これなかなかいい動画だよね。 もう何度もみて、何度も泣いてます(笑)。
Commented by takusukila at 2008-09-17 00:08
★ himegorouさま、いい動画だったでしょー! みてくれてありがとうございます~~♪
Commented by Lili at 2008-09-17 06:39 x
素敵な映像をシェアしてくれて、どうもありがとう。
久々に感動の涙が溢れました。
クリスチャンの仕草を見ていると巨大な猫にしか見えないのですが、うちの子達はこんなに愛情を示してくれない(涙)。でもきっとこのお二人の愛がどんなに強かったかと言う事ですね。
人間とか動物とかの域を超えた愛を教えてくれたような気がします。
久々に良い涙を流させて頂きました。雅子さん、ありがとう!
Commented by ミナ at 2008-09-17 20:48 x
あ、ほんとだ。野生のエルザは原題Born Freeってなってた。
じゃ私が見たのは別の動物博士だったんですね。イギリスの女性
のライオン?(記憶が怪しくなってきた・・ゴリラだったかも;)動物
博士で、保護施設で育てていたライオン(かゴリラ)に殺されたので、
なぜ野生の血が急に出たのか不思議だというニュースでした。

余談ですが今日本では一般の飼い猫ですが、生のマグロを食べる
ときに「マグロうまいな~」と(もちろん日本語で・笑)しゃべるネコが
TVによく出てきます。音声学者の分析でも「マグロうまいな~」と
はっきり言ってました。雅子さんに見せてあげたいビデオです(笑)
Commented by みゅう at 2008-09-17 21:10 x
 こんにちは(*^_^*)
初めまして、アンさんのところから飛んでまいりました☆

 この動画・・・
泣いてしまいました。

 クリスチャンは、生後一週間で ハロッズに買い取られ、
売りに出されたのですね。。。
一緒に暮らしてくれたのが、この2人の男性で、
クリスチャンは本当にラッキーだったと思います。
きっと、すごーく、質の良い愛情を、たっぷりと注がれて
育ったのでしょうね。
生後1週間だと 母ライオンの記憶もほとんどないでしょうし・・・

 クリスチャンが 最初、ためがいがちに丘から降りてきて、
「もしかして? もしかして、お父ちゃんたち?
 !!!!!!!!!!
 そうだ、お父ちゃんたちだ!!!!」
っていう表情の変化がたまらなくいとおしいですね。

 素敵な動画を紹介してくださって、ありがとうございます☆

 我が家にもニャンがいますが、
こんな風に愛してあげたいです。
Commented by kat at 2008-09-18 01:05 x
このお話初めて知りました。

再会のシーン、泣けますね・・・・
男性たちの笑顔や、
クリスチャンと間があったにも関わらず
前と同じような飛びつき・・・(笑)

ありがとうございました!
Commented by naokodua at 2008-09-18 03:22 x
この映像やばいです。
いや泣けますね。
♪And I~♪でぐわしっとハグするシーンで嗚咽ですよ。
とりあえず、Manjaとハグしてみました。
Commented by ren_mama at 2008-09-18 11:19 x
で~ら号泣です。
こんな心温まる動画を紹介して下さって、どうもありがとうございます。
どんな動物も、猛獣でさえこんなに心を通わす事ができるのですね。
Whitneyの歌ベタだけど、このビデオには合ってます!余計涙が・・・
今夜はうちの子たちを抱きしめて寝ます。
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:38
★ Liliさま、ね~。 ライオンって大きな猫ちゃんですよね~。 もともと、野生を知らなかった子(サーカスのライオンの子だそう)というのもあったのかもですが、それにしても、本当に可愛いですよね~。 愛情を一身に受けて、まっすぐ育ったって感じで(涙)。 何度見ても、思い出しても、涙が出てきてしまいます。 ライオンの寿命は15年ぐらいだそうなので、もう随分前にこの世を去ってるのでしょうが、きっとクリスチャンの子孫が、ケニアの大地を駆け巡っていることでしょう。
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:40
★ ミナさま、イギリスの女性でゴリラ保護で有名なのはDiane Fosseyですが、彼女も殺されたのはゴリラではなく、人間に、ですもんねー。 一体誰のことかしら?(笑) マグロうまいな~としゃべる猫、みてみたいです!
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:42
★ みゅうさま、ようこそ! この動画、泣いてしまいますよねー。 私も何度も見ては、何度も泣いてます(笑)。 この男性たち、人間的にとても素晴らしい人たちで、ホントに良かった。 拓はハグもしてくれないし、私がしてもちょっと迷惑そうだけど(笑)、無理やりハグしてます(笑)。 愛情だけでは、この二人に負けないぐらい、拓に注いでる自信はあるんですけどね~(笑)。
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:44
★ katさま、再会シーン、どえらく泣けるでしょ?(笑) もう何度みても、そして思い出しては涙目になっております。 クリスチャンも、きっと最初は戸惑いも多く、さびしかったことだろうと思いますが、最終的にはやはり、野生に戻れて良かったんだなぁと。
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:47
★ naokoduaちゃん、やばいでしょーー? 私も嗚咽でした(笑)。 manja君ハグし返してくれました?(笑) 
Commented by takusukila at 2008-09-18 11:52
★ ren_mamaさま、やっぱり号泣ですよね? 動物と一緒に暮らしてる人が見ると、特に感情移入しちゃうと思うんですよね~。 はぁ・・・。 また涙目・・・(笑)。 これ、もともとドキュメンタリーなんですが、全部みたいです~。 買っちゃおうかな?(でもVHS持ってないんですけど~) そうそう、Whitneyの歌、ホントベタなんですが、歌詞の内容ぴったりあってるし・・・余計涙をそそりました。 ちなみにエアロスミスの歌で編集してある動画もあったんですが、やっぱりちょっと、感動にかけるんですよね(笑)。
Commented by ちるにー at 2008-09-18 14:02 x
あうあうあうあう
泣いてしまいました。
なんて素敵な。。。。
ご紹介していただいてありがとうございました。

Commented by rambling_rose at 2008-09-18 21:13
号泣。


部長に会いたいよん。。。
Commented by almarai at 2008-09-20 00:25
雅子せんせーーーい!(号泣)
滅多に泣かない私が(号泣) ライオン、ってやっぱネコ科なのね、って感心。
愛、って無条件の愛ってこういう事ね。今の私にはシミジミと染み透りますた。(号泣)さっきまで、金かえせー!(爆)って思ってた自分が恥ずかしく思いました。
今夜、友達の家にお泊りです。雅子先生のブログアドレスメモしました。友人と二人でまた泣きます。
こんな感動の涙、ひさしぶりでした。救われました。雅子先生、ありがとう(涙)
Commented by かず at 2008-09-21 00:13 x
数ヶ月前に朝の番組で初めてこのビデオを紹介された時も涙、その後ユーチューブで他のバージョンをたくさん見たときもそれぞれに涙、涙、 でした。  で、久々に見てまた涙ですよ~。
でもクリスチャンの両親ライオンが狭い檻のなかで いらいらしたように行ったりきたりする映像には 本当に胸が痛みます。
ロンドン生まれのクリスチャンは今はのびのびと草原を走り回り、アフリカ生まれの両親は ロンドンの小さな動物園の小さな檻の中で人目にさらされるだけの一生を過ごすというのは 皮肉なものです。
私は動物園が好きではありません。 
できるなら全ての動物園の檻を廃止し アフリカンサファリのような 広いところでしか動物を飼えないような制度に出来たらいいと思います。
Commented by takusukila at 2008-09-21 10:36
★ ちるにーさま、これ、やっぱり泣いてしまいますよね~。 泣かない人なんているんでしょうか? 色んなテレビ番組で紹介されてたようですが、キャスターの人とかも皆泣いてました(笑)。 
Commented by takusukila at 2008-09-21 10:37
★ kazさま、うんうん。 部長さんに会いたいお気持ち、お察しします・・・。 きっと部長さんはkazさんの傍にいて、「何泣いてるにゃ?」と首をかしげてるかもです。
Commented by takusukila at 2008-09-21 10:41
★ almaraiちゃま、でも猫ってこんな風にべったりしてくれない子が多い気がします。 一緒にサッカーやってるところなんて、ワンちゃん?って感じで。 ちょこちょこーっと映る、ロンドンからアフリカへの移動の段階でも、私泣いてましたが、1年後の再会には、もう号泣~! お友達も泣いちゃいましたかしら?(笑)
Commented by takusukila at 2008-09-21 10:47
★ かずさま、こんにちは。 えっと、何人か「かず」さんって心あたりがあるのですが、どちらのかずさんかしら~?(それとも、私の知らないかずさんでしょうか?笑)。 そうそう、このビデオ、アメリカでは数ヶ月前にテレビとかでも紹介されて話題になってたようですね。 ちょっと時代遅れ(笑)でスミマセン。 クリスチャンの両親ってアフリカ生まれだったんですね? クリスチャンは野生でないライオンの5代目とかってどこかで読んだ記憶があったのですが・・・。 でも、まぁどちらにしても、野生に帰れて、やっぱりこれで良かったんだなぁと。 拓@猫のことを考えると、拓がもし野生に帰る方が幸せだといわれても、自分が野生に返してあげる事が出来るか、分からないでおります(って、余計な事考えるなーって感じですが。笑)。 私もかずさんと一緒で、動物園、好きではないです。 本当に今後は廃止して欲しいと思います。 正直、あんな檻の中で生きるのであれば、死んだ方がマシなのでは?と思います。
Commented by natsuina at 2008-09-21 18:59 x
はじめまして、
ぽこりこさんのところから来て、いつも楽しく拝見しています。

この動画、本とにすばらしいですね!

再会の場面、クリスチャンの足が速まるところと、その前の表情、何度見ても・・・生きていることの意味がそこに映っているというか。
周りの小さいことが吹っ飛びました(笑)

1年前よりさらに大きくなってるっていうのに、昔どおりに跳びつくところなんて、本当に愛されて育ったんでしょうね。

ケニア側の男性(George Adamsonさんなのかしら?)との関係もよい感じなのもいいですね。

マサコさんがここで紹介してくださらなかったら、知らなかったです。
本当にありがとうございます。
友達に布教活動しそうです(笑)
Commented by かず at 2008-09-21 23:57 x
ごめんなさい。
クリスチャンの両親はアフリカ生まれだと私が勝手に早合点していました。  それに最後にクリスチャンが確認されたのも 何年も前ですから ライオンの寿命が何年か知りませんが、今も草原を走り回っているかどうかは 誰にもわかりませんよね。  (そうでいてほしいという願いかな、、、?)
初めて投稿させていただいて ポカしてしまいました。 アストリアのかずこです。
日本においてきた私の愛猫りーちゃんも 久々に会っても全然感動の再開シーンなんてないんですよ。 子供の頃は鬼ごっこやかくれんぼして遊んだのに、、
Commented by takusukila at 2008-09-22 05:06
★ natsuinaさま、はじめまして! ようこそ~。 この動画、、本当に感動しますよねー。 アメリカで話題になったのは数ヶ月前だったらしいのですが、私は全く知りませんでした(笑)。 あの大きな体で飛びかかれても、人間の方も全く動じてないというか、すごい信頼関係だなぁと思いました。 George Adamsonも、野生動物のために一生をささげたような方のようで、本当に素晴らしいとしか言葉がないです。 是非是非、布教活動(笑)頑張ってください!
Commented by takusukila at 2008-09-22 05:10
★ かず(こ)さま、おおお~!アストリアのかずこさんだったのですね。 えっと、今日お休みだったかずこさんですよね?(すみません、アストリアにもう一人、かずこさんがいらっしゃるのです~。笑) ライオンの寿命は15年ぐらいだそうで、この動画は34年とか36年前のものなので、今頃はクリスチャンの子孫たちが、元気に野生を駆け回っていることだと思います。 

うち、拓は毎日帰ってくるたびに、走ってお出迎えか、または私がドアを開ける前からドアのところで待ってくれてるんですよ~。 毎日感動の再会やってます(笑)。
Commented by ユウコ at 2008-10-03 16:01 x
雅子さん、お久しぶりです。
お元気ですか?
わたしもつい最近、引越しをして今やっとnetにつながって、一番に雅子さんのブログを見ていたところです。
いい話ですね~~~!!
わたしのブログにも乗せさせていただきました。(勝手にすみません・・・)
教えてくれて、ありがとうございます!!
Commented by takusukila at 2008-10-03 23:22
★ ユウコさま、ごめんなさい~。 私実は、「ユウコ」さんって10人ぐらい知ってたりするんです・・・(汗) なので、どちらのユウコさんなのか、全くもって???です。 もし良かったら、ブログのURL教えてくださいね~。 
Commented by ユウコ at 2008-10-06 00:24 x
ごめんなさい。
6月ごろに1ヶ月間、クラスに通わせていただいたユウコです。
旅の途中で雅子さんのクラスに出会えて、本当によかったです。
覚えてますでしょうか・・・?
Commented by takusukila at 2008-10-06 06:43
★ ユウコちゃん! 覚えてますよ~!!! お元気ですか??? 今は日本ですよね? 私の方こそ、ユウコちゃん(馴れ馴れしくちゃん付けになってるし)と出会って、本当にうれしかったです~♪ またNYに遊びに来てくださいね。 ブログのアドレスも教えてくれるとうれしいなぁ~~(笑)。
Commented by sarah000329 at 2008-10-08 21:32
会社ではYOU TUBEがシャットされてて見えなかったんですが
今日、やっと家から見れました。
もーーー あかん。号泣です。

ライオンが二本足で立って
しかも、前足でhugして、kissしてって
まるで人間がする愛情表現じゃありませんか!!
こんな風に愛することが出来るんですね~。感動しました。
今日は私もチャロを思いっきりhugします。
Commented by takusukila at 2008-10-09 08:21
★ sarah000329さま、ホントにすごいでしょ~、この愛情表現。 涙なくして見れる人っているんでしょうか? 何度みても号泣しました(笑)。 チャロちゃん、相変わらず元気なのね~。 うふふ。
Commented by クリスチャン at 2011-10-22 08:23 x
前テレビで見て泣き、感動しました。今また見たら泣けてしまいました。からだがしびれますね。友達にも教えてあげたいです
Commented by takusukila at 2011-10-22 23:10
♥ クリスチャンさま、
本当に何度見ても感動しますよね。 最近アメリカでは、ライオンなどを個人で飼っている人が自殺後、動物達を放ち、その動物達が人間の身を守るために射殺される事件があり、本当に心が痛みます。 でももしかしたら、檻の中で生きているより、殺された方が幸せだったりするんだろうか、とも思ったり。こんな風にクリスチャンのように、自然に返してあげれるケースは稀なんでしょうね。
by takusukila | 2008-09-16 07:54 | 日常 | Comments(44)

1986年渡米。2001年にヨガに出会い、そして2004年7月7日、最愛の拓と暮らし始めました!  http://masako.yoga


by takusukila
プロフィールを見る
画像一覧